藤原三成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 三成(ふじわら の ただなり /みなり/ みつなり、延暦5年(786年) - 天長7年4月30日830年5月25日))は、平安時代初期の貴族藤原南家参議藤原巨勢麻呂の孫。従五位上藤原真作の子。官位従四位下春宮亮

経歴[ソースを編集]

弘仁11年(820年従五位下叙爵し、まもなく主殿頭に任ぜられる。淳和朝では春宮亮として皇太子・正良親王(のち仁明天皇)に仕える一方、天長2年(825年)従五位上次いで正五位下、天長7年(830年従四位下に叙せられるなど順調に昇進した。しかし、正良親王の即位を見ることなく、同年4月30日卒去享年45。最終官位は春宮亮従四位下。

人物[ソースを編集]

生まれつき、慎み深くよく注意の行き届く性格で、誤解を受ける言動をすることはなかった。当時のの名手であり、三成の没後に誰もその後を継ぐことができないほどと評されたという。[1]

官歴[ソースを編集]

日本後紀』による。

系譜[ソースを編集]

尊卑分脈』による。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 日本後紀』天長7年4月30日条

参考文献[ソースを編集]