藤原一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 一生(ふじわら いっせい、1924年5月1日 - 1994年2月27日)は、日本の児童文学作家。

東京市深川区出身。本名は一生(かずお)。両親が失踪し、キリスト教の施設で育つ。義務教育を終えて印刷所に勤め、紙芝居興行をする。中国に出征。戦後はキリスト教関係の書店に勤務して読書。1952年退職し作家となる。1959年南極の昭和基地に取り残された樺太犬を題材にした「タロ・ジロは生きていた」を刊行。「南極物語」として映画化された。1975年日本けん玉協会を設立し、段級制度をつくるなどけん玉の普及につくした[1]

著書[編集]

  • 森永太一郎 製菓王』ポプラ社 偉人傳文庫 1954年
  • 『タロ・ジロは生きていた』トモブック社 1959年
    • 『南極のカラフト犬タロ・ジロ物語』鬼藤あかね絵 1987年 講談社青い鳥文庫
  • 『警察犬出動』トモブック社 1960年
  • 『発明はこうして生まれた』トモブック社 1960年
  • 『とんちの童話集』福田庄助あかね書房 たのしい幼年童話 1965年
  • 『ひこうきとふね』上田三朗小学館のよいこ絵本 1968年
  • 『ポケット偉人伝 4 ヒラリー』潮出版社 1971年
  • 『はつめい王エジソン』新井五郎集英社 オールカラー母と子の世界の名作 1972年
  • 豊臣秀吉』母と子の世界の伝記 集英社 1973年
  • 『ぶっちは一年生ママは三百年生』駒宮録郎画 高橋書店 1974年
  • 『ぶつかれぶっち』川本哲夫女子パウロ会 1974年
  • 『イエスの目』聖文舎 1975年
  • 『しゅるしゅるゲンタ』石倉欣二画 高橋書店 1975年
  • 『あかい目 ぼくのイエスさま』かみやしん画 小学館 1976年
  • 『パパお話して 藤原一生童話集』聖文舎 1976年
  • ベーブ・ルース』母と子の世界の伝記 集英社 1977年
  • 『ぞうのひっこし』若菜珪絵 ブルーベル館 1978年
  • 『創作童話 クリスマス童話入門』編 キリスト新聞社 1979年
  • 『けん玉スポーツ教室 入門からチャンピオンコースまで』金の星社 1980年
  • 『ひと目でわかるけん玉リーダー読本』教育出版センター 1982年
  • 『大阪城ものがたり 太閤さま・豊臣秀吉』深沢邦朗絵 教育出版センター 1983年
  • ゴリアテごっこ 藤原一生集』日本キリスト教児童文学全集 教文館 1984年
  • 『かすみゆくふるさと』文・構成 藤原敏生写真 藤原敏生 1996年

再話[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本児童文学大事典』大日本図書