藤原一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原 一成
ふじらわ かずなり
生年月日 (1961-01-08) 1961年1月8日(60歳)
出生地 秋田県南秋田郡天王町
出身校 早稲田大学教育学部
前職 文部科学省職員
所属政党 無所属
親族 祖父・藤原寛一(天王町議会議員)[1]

当選回数 1回
在任期間 2017年4月17日 - 2021年4月16日
テンプレートを表示

藤原 一成(ふじわら かずなり、1961年1月8日 - )は、日本政治家官僚教諭。元秋田県潟上市長(1期)。

来歴[編集]

秋田県南秋田郡天王町(現・潟上市)に生まれる[2]。天王町立天王小学校卒業[1]早稲田大学教育学部卒業後、県内の高校教諭を経て、1997年(平成9年)に文部省に入省。愛知県東海市教育委員会副教育長、岡山県瀬戸内市教育長を歴任。2016年(平成28年)、文部科学省初等中等教育局視学官に就任[3]

2017年(平成29年)1月、4期目を目指すと表明していた潟上市長の石川光男が体調不良を理由に立候補を取りやめる。石川の要請を受け、同年1月18日に文部科学省を退職し、1月20日、次期市長選に立候補する意向を表明した[2]

同年4月9日に行われた市長選で元市議の中川光博を破り初当選した。4月17日、市長就任。

2021年1月29日、健康上の理由により次期市長選への不出馬を表明した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]