藤代泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤代 泉
(ふじしろ いずみ)
誕生 1982年????
日本の旗 日本 栃木県
職業 小説家
主な受賞歴 第46回文藝賞(2009年)
デビュー作 「ボーダー&レス」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

藤代 泉(ふじしろ いずみ、1982年 - )は、日本小説家栃木県生まれ[1]

経歴[編集]

筑波大学第一学群人文学類卒業。広告代理店で人事採用担当などを経て[2]、現在は主婦

2009年、第46回文藝賞を「ボーダー&レス」で受賞してデビュー。同作で第142回芥川龍之介賞候補。姜尚中に「日本文学と在日文学のボーダーをも揺るがす新鮮な作品。」と評された[1]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

単行本未収録作品[編集]

小説
  • 「手のひらに微熱」 - 『文藝』2010年秋号(8月号)
  • 「波に幾月」 - 『文藝』2018年秋号(8月号)
  • 「楓橋夜泊」 - 『群像』2019年11月号
エッセイ
  • 「くぐる」 - 『群像』2018年11月号
  • 「継ぐということ」 - 『文學界』2018年12月号

脚注[編集]

  1. ^ a b ボーダー&レス 藤代泉 河出書房新社
  2. ^ 「一億二千万分のワタクシ」羽田圭介『「ワタクシハ」』書評