藤井英治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 英治1946年[1] - )本名:丸橋芳夫、ヤクザ東京都に本部を置く暴力団國粹会の五代目会長で、その上部団体にあたる指定暴力団六代目山口組若中[2]、のち若頭補佐[1]信州斉藤一家六代目総長。[3]

大阪河内に出生[4]。高校時代は甲子園常連校で野球部に所属するも、喧嘩沙汰を起こして中退[1]家出後、愚連隊として三重名古屋東京などの各地を転々としたのち、1965年頃に長野岡谷に流れ着く[4]。そしてこの地で信州斉藤一家三代目総長・伊藤芳和の知遇を得たことで暴力団界入り[1]

1984年には五代目体制下の信州斉藤一家で諏訪および岡谷の貸元を任されると同時に総長代行の役に就任。上部団体の日本国粋会にあっては副理事長や副会長を歴任していた。そして1990年に44歳で信州斉藤一家の六代目を襲名。更にその翌1991年には日本国粋会にて組織委員長の役を獲得。同年内に工藤和義を首領に据えた四代目國粹会が発足すると、幹事長、更に理事長に抜擢され、工藤の右腕として活動した[1]

2005年に國粹会が山口組へと加入[1]。そして2007年2月における工藤和義の死去に伴い、同年4月に國粹会の五代目を襲名[3]。2009年の初めに山口組の『幹部』に昇格し、更に2011年の暮れには若頭補佐に昇格した[1]

先代:
工藤和義
國粹会会長
五代目: 2007-
次代:
-

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 実話時報 2011年12月号:『六代目山口組「新人事」検証 果敢なる人事刷新:藤井英治・五代目國粹会(東京)会長』 (p.50-51) 2011年11月14日 竹書房
  2. ^ 六代目山口組完全データBOOK 2008年版:『六代目山口組直系若衆:他都道府県若中』 (p.3) 2009年2月1日 ISBN 978-4-86201-358-3 メディアックス
  3. ^ a b 六代目山口組完全データBOOK 2008年版:『衝撃の拳銃自殺から1年 工藤和義最高顧問一周忌』 (p.42-44) 2009年2月1日 ISBN 978-4-86201-358-3 メディアックス
  4. ^ a b 六代目山口組完全データBOOK:『國粹会・藤井英治会長跡目継承儀式』 (p.82-85) 2008年1月1日 ISBN 978-4-86201-328-6 メディアックス