藤井玄淵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤井 玄淵
(ふじい げんえん)
生誕 生年不明
日本の旗 日本
死没 文政10年12月13日(1827年。西暦1828年1月29日
日本の旗 日本
居住 久保田藩仙北郡六郷東根、仙北郡大曲村、江戸下谷佐竹原
研究分野 漢方医
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

藤井 玄淵(ふじい げんえん、生年不詳 - 文政10年12月13日(1827年。西暦1828年1月29日)は、日本の医師出羽国久保田藩藩医龍角散の創始者[1]

略歴・人物[編集]

佐竹氏を藩主とする出羽国久保田藩藩医で、仙北郡六郷東根村に住み、仙北郡大曲村(現・大仙市)にも長くおり、のちに江戸に出て久保田藩上屋敷のある下谷の佐竹原(現在の台東区上野)に居を構えた。子の玄信蘭学を学んだので、その知識を漢方薬に取り入れ、龍角散を製造したと言われ、当時の将軍にもこの薬を献上している。玄淵と玄信親子のは、大曲に所在する浄土真宗大谷派の寺院安養寺にある[1]

異説[編集]

  • 「第56回RSP in 品川龍角散ダイレクト」によると、1797年に藤井玄信が龍角散を作ったと、社長である藤井隆太が説明をしている。
  • 秋田に転封された佐竹義宣に従い水戸から大曲に移ってきた藤井家は、代々秋田藩の御典医を務めた。龍角散の原型はその秋田初代の藤井玄淵が考案し、二代目藤井玄信が改良した。この薬は廃藩置県で消える藩から藤井家に下賜され、正亭治は「龍角散」の名前で一般向け薬として売り出した[2]
  • 有名な龍角散という薬がある。これは六郷出身の医者藤井父子によってつくられている。藤井玄淵(文政10年[1827]12月没)は代々医を業とした家で生まれ、はじめは六郷東根(現在の秋田県仙北郡美郷町)に居住したが、のち江戸へもでた。子の玄信が蘭学を学んだ知識を漢方薬にとりいれて、龍角散を発明した[3]

親族[編集]

  • 秋田県公文書にある蘭学塾名簿によると、文化5年(辰年)、藤井貞民さだたみは紀州・和歌山の春林軒へ入門し、華岡青洲を師匠とし、住所は「秋田仙北郡六郷村」となっている[4][5]
  • 子の玄信は弘化元年(改元前は、天保15年)7月22日(西暦1844年9月4日)に死去、享年48歳と記録されている[1]。当時、進歩した蘭学を学び、父・玄淵とともに風邪薬を研究し、さらに改良し、龍角散を完成させた。名医とうたわれた人である[6]
  • 玄淵の孫の正亭治(文政8年1月9日1825年2月26日) - 明治26年(1893年8月8日は、長崎でオランダ医学(蘭学)を学び[7]、藩主佐竹義堯に仕え、側医となり[8][9]喘息治療のために龍角散の改良に取り組んだ名医として知られ[10]、龍角散と名付けられたのもこの頃だという。明治維新後には東京神田に藤井薬種店[11]を開業した。
  • 正亭治の長男得三郎は、現在の小林製薬小林大薬房)とともに販売ルートを確立していった[12]

子孫[編集]

藤井家は、1805年頃、秋田から大曲に移住し、代々薬種業を営んだ家のことで藤井薬店として大曲市民に親しまれた家である。玄渕、玄信、利庵といい、その昔佐竹公が秋田に移封の際常陸(茨城)から来た人である。

県南を薬の誇る卸屋として繁昌し、よくテレビに出る龍角散本舗は当家出身で、明治時代に東京に出て、代々、得三郎を名乗り、名声を博していることは周知の事実である。

かつて、江戸、明治、大正の初期の頃までの藤井家の庭はすばらしく、今でも古老の自慢にきかれ、当時は大曲の名所でもあった。その子孫・正治郎、英之助は薬種商を経営し、今日、隆昌を続けている。又、別家も藤井分店として薬屋を継続営業していたが、昭和の初め、男鹿(北浦)に転居した[13]

  • 勝町(秋田県大仙市大曲浜町)に足を入れると右側に丸徳商店のラムネ工場があり、左手に大きな藤井薬局があった。この店先の築山や噴水、土堤、鉄柵、数多い金看板などが強く印象に残っている[6]
  • 子孫の正治郎は、大曲町の助役。のち町長代理[6]
  • 玄淵の子孫として、六郷町の琴平地区で薬屋を営む賢三けんぞうがおり、大変、町の人々から親しまれている[14]

歴代社長[編集]

注意:秋田の玄淵から数えた場合と、株式会社からの数え方が存在する[15][16]

遠縁[編集]

日立製作所Executive Foresight Onlineの隆太のインタビューによると、小林製薬の創業家は、藤井家の遠縁にあたるという[17][18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『秋田人名大事典・第二版』(2000)p.486
  2. ^ [あんばいこう著「食文化あきた考」無明舎出版より]
  3. ^ [六郷町史]
  4. ^ 秋田公文書館第十四号論文”. 2020年10月29日閲覧。
  5. ^ 日本新華僑サイト”. 藤井隆太インタビュー. 2020年10月29日閲覧。
  6. ^ a b c [大曲市史・第二巻]
  7. ^ [大曲市史より]
  8. ^ [人事興信録4巻、藤井得三郎]
  9. ^ 人事興信録8巻、藤井得三郎
  10. ^ グッドデザイン賞2016
  11. ^ 千代田区ホームページ”. 町名由来板:豊島町. 2020年3月10日閲覧。]
  12. ^ ときには社員の敵として矢面に立つ覚悟 | 月刊「事業構想」2013年4月号
  13. ^ [三森英逸・大曲のまちなみと住人の歴史]
  14. ^ 昭和48年、六郷町商店街会報誌より
  15. ^ 龍角散のルーツ株式会社龍角散
  16. ^ KANDAアーカイブ”. 百年企業のれん三代記. 2020年3月27日閲覧。
  17. ^ "Executive Foresight Online"
  18. ^ "Executive Foresight Online"

参考文献[編集]

  • 井上隆明(監修)『秋田人名大事典(第二版)』秋田魁新報社(編)、秋田魁新報社、2000年7月。ISBN 4-87020-206-9
  • 三森英逸『大曲のまちなみと住人の歴史』

あんばいこう(安倍甲)『食文化あきた考』無明舎出版より

  • 六郷町史
  • 大曲市史

関連項目[編集]

外部リンク[編集]