藤井正彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 正彦(ふじい まさひこ、1944年 - )は、山口県政治家。元山口県新南陽市長。元山口県新南陽市議会議長。山口県桜ケ丘高等学校卒。

経歴[編集]

  • 日新製鋼社員
  • 福川青年団
  • 1969年 山口県都濃郡南陽町議会議員1期目当選(25歳)
  • 1973年 山口県新南陽市議会議員2期目当選(29歳)
  • 1977年 山口県新南陽市議会議員3期目当選(31歳)
  • 1981年 山口県新南陽市議会議員4期目当選(37歳)
  • 1985年 山口県新南陽市議会議員5期目当選(41歳)
  • 1989年 山口県新南陽市議会議員6期目当選(45歳)
  • 1991年 山口県議会議員(新南陽市選挙区)落選(47歳)(現職友田音一に敗れる)
  • 1995年 山口県新南陽市長1期目当選(51歳)(現職藤本博吉を破る)
  • 1999年 山口県新南陽市長落選(55歳)(新人吉村徳昌=前市議、元助役=に敗れる)
  • 2003年 新設合併に伴う山口県周南市長落選(58歳)(河村和登=元徳山市長=に敗れる)

市長時代の功績[編集]

  • 市長選挙では「周南合併実現」を公約に掲げ、合併に慎重な現職藤本博吉を破った。これによって膠着状態だった徳山市、新南陽市などの合併論議が急速に進み、周南市誕生につながった。

現在[編集]

  • ユーディーエンジニアリング㈱周南営業所 専務取締役
  • 新南陽商工会議所議員

関連項目[編集]

先代:
藤本博吉
山口県新南陽市長
1995 - 1999
次代:
吉村徳昌