藁谷勇三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藁谷 勇三郎
生誕 福島県若松町
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1899 - 1922
最終階級 陸軍大佐
除隊後 会津松平家執事
稚松会理事
テンプレートを表示

藁谷 勇三郎(わらがや[1][* 1] ゆうさぶろう、1877年明治10年)4月24日 - 没年不明)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐

生涯[編集]

福島県士族の三男である。会津中学[* 2]を経て、1898年(明治31年)11月25日、陸軍士官学校(第10期)を卒業し[2]、翌年6月27日、歩兵少尉に任官し歩兵第29連隊附となった[3]戸山学校教官、将校生徒試験常置委員[4]歩兵第15連隊大隊長[5]歩兵第59連隊[6]松本連隊区司令官等を歴任し、1922年(大正11年)予備役編入となる。日露戦争シベリア出兵に従軍し、功五級に叙せられた[7]。教官を務めた戸山学校は陸軍歩兵戦術の研究、教育に当たる機関で、藁谷は剣術水泳体操に関係する下記の著作を刊行した。『剣術用具ノ手入保存法』には当時の校長大庭二郎が序文を寄せている。予備役後は会津松平家執事を務める[8]。会津松平家分家の松平一郎に嫁いだ松平豊子徳川家正長女)によれば、藁谷は「極く人のいい」人物であった[9]

著作
稚松会設立

1912年(明治45年)1月3日、会津出身陸海軍将校が会津松平家を年賀に訪問する。その場で稚松会の設立発起がなされ、藁谷(大尉)は他の一人(機関少佐)と案内状を発送する。4日後には松平保男山田英夫野口坤之秋月胤逸(のち少将)、横山勇下平英太郎樋口修一郎そして藁谷らが集い、会設立が決議された[4]。藁谷はのちに理事を務め[10]、また賛助員[11]として同郷後進の育成に尽力した。

子女[編集]

長男の武は北海道帝国大学[7]出身の三菱重工業技術者で、高速魚雷艇の技術導入のため第五次遣独潜水艦作戦で「伊52潜水艦」(宇野亀雄艦長)に乗組みドイツを目指したが、目的地近くのビスケー湾で戦死した[12]。末子は1939年(昭和14年)時点で陸軍幼年学校に在籍、長女は塩沢清宣(のち陸軍中将)に嫁ぐ[7]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 陸軍実役停年名簿では「わらや」。
  2. ^ 藁谷は会津中学2回生で、同級生に名越士朗海軍大佐がいる。名越は海軍兵学校27期で、松平保男とともに「鎮遠」分隊長として日本海海戦を戦った。名越も稚松会設立決議に加わっている。
出典
  1. ^ 『春は昔』153頁
  2. ^ 『官報』第4625号、明治31年11月29日。
  3. ^ 『官報』第4796号、明治32年6月28日。
  4. ^ a b 『稚松会会誌』(1912年発行)
  5. ^ 『会津会会報第10号』
  6. ^ 『会津会会員名簿』
  7. ^ a b c 『大衆人事録 東京篇』「藁谷勇三郎」
  8. ^ 『会津会雑誌第51号』
  9. ^ 松平豊子『春は昔 徳川宗家に生まれて』文春文庫、2012年。ISBN 978-4-16-783834-8153頁
  10. ^ 『稚松会会員名簿』1937年12月
  11. ^ 『稚松会会誌第19号』
  12. ^ 新延明 ,佐藤仁志『消えた潜水艦イ52』NHK出版、1997年。ISBN 4-14-080307-X「5パーセントの生還率」

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社『大衆人事録 東京篇』(第13版、1939年)

外部リンク[編集]