薩摩万世駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - satu.svgと異なる可能性があります。
薩摩万世駅
さつまばんせい
Satsuma-Bansei
加世田 (2.6km)
所在地 鹿児島県加世田市唐仁原*
所属事業者 南薩鉄道
所属路線 万世線
キロ程 2.6km(加世田起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1916年大正5年)10月22日
廃止年月日 1962年昭和37年)1月15日
備考 *現在は南さつま市加世田唐仁原
テンプレートを表示

薩摩万世駅(さつまばんせいえき)は、かつて鹿児島県加世田市唐仁原(現・南さつま市加世田唐仁原)にあった南薩鉄道万世線廃駅)である。万世線の終着駅であった。

かつての万世町(1954年に加世田町と対等合併し加世田市)の中心駅であった。旅客とともに貨物も取り扱っていた(一般駅)。

歴史[編集]

  • 1916年(大正5年)10月22日 - 川辺郡東加世田村大字唐仁原に薩摩大崎町駅として開業[1]
  • 1941年(昭和16年)5月 - 薩摩万世駅に改称[1]
  • 1962年(昭和37年)1月15日 - 万世線廃止に伴い廃駅[1]

隣の駅[編集]

南薩鉄道
万世線
加世田駅 - 薩摩万世駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『日本鉄道旅行地図帳 12 九州・沖縄』 p.50 新潮社

関連項目[編集]