薛福成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
薛福成

薛 福成(せつ ふくせい、Xue Fucheng1838年 - 1894年)。字は叔耘、号は庸庵末の外交官思想家

江蘇省無錫出身。1858年秀才となる。1860年、『選挙論』を著して科挙の弊害を述べた。1865年曽国藩の幕僚となる。1879年の『籌洋芻議』で変法を主張した。その後イギリス・フランス・イタリア・ベルギー兼任公使としてヨーロッパに派遣され、立憲君主制を讃美した。帰国後、上海で病死。