薄皮饅頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
薄皮饅頭

薄皮饅頭(うすかわまんじゅう)は、福島県郡山市の土産菓子。甘い饅頭で、名前の通り黒糖を使った薄い皮で包んでいることが特徴である。

概要[編集]

1852年嘉永5年)から続く和菓子の老舗「柏屋[1]が製造販売している。

皮は、小麦粉に黒糖を多く混ぜて作った生地を使用しているため、茶色をしている。通常の饅頭よりも皮が薄い分、餡の占める量が多い。このためかなり甘いが、くどい味わいではない。現在、餡の種類で「こしあん」と「つぶあん」の2つがある。また、小さいサイズの「薄皮小饅頭」や、蒸篭に入れて販売している「せいろ薄皮」がある。そのまま食べるほかに、焼いて食べたり、凍らせて食べたり、衣をつけて天ぷらにして食べたり、茶漬けにして食べたりする人もいる。

2010年、郡山市内で行われた「春のまんじゅう祭り」では重さ159kg(3,533個分)の巨大薄皮饅頭に入刀する薄皮大萬寿開きが行われた[2]

歴史[編集]

柏屋の当主である初代本名善兵衛(ほんなぜんべえ)が考案したとされる。江戸時代奥州街道郡山宿で薄皮茶屋という店を開き、主に旅人相手に販売した。当初はこしあんを用いたものであったが、現在は好みの変化もあり、粒餡も用いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]