薄れゆく記憶のなかで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
薄れゆく記憶のなかで
監督 篠田和幸
脚本 篠田和幸
出演者 堀真樹
菊池麻衣子
音楽 辻陽
撮影 高間賢治
編集 太田義則
製作会社 丸八篠田
Never Forget Films
配給 日本ヘラルド
ヘラルド・エース
公開 日本の旗 1992年8月8日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

薄れゆく記憶のなかで』(うすれゆくきおくのなかで)は、1992年公開の日本映画青春映画である。

堀真樹菊池麻衣子が主演。篠田和幸監督。また、両人の正式デビュー作品でもある。

概要[編集]

監督の出身地である岐阜の魅力を最大限に生かした映像美に加え、七夕伝説をモチーフとし長良川天の川と見立てるなど、ローカル色と普遍性を融合した巧みな構成が魅力となっている。

また商業主義を一切拒否したストイックな製作姿勢を貫いているのも特徴である。 カメラマン等にはプロを配しているものの、監督と全ての出演者が新人となっている。 音楽もすべてこの映画オリジナルである。その結果、テクニック的な不完全さを補って余りある、熱意とみずみずしさ溢れる作品となり、少数ながら熱心なファンを獲得するに至った。

あえて欠点を探すと、後半部分の映像が病院を舞台としたため色彩感に欠けること、大人達の描写がやや類型的であることが挙げられる。

映画公開終了後は、レンタル専用ビデオしかリリースされておらず、その数も少なかった。そのため鑑賞には、地上波・衛星放送をリアルタイムで視聴するか、その際にビデオ録画するしか現実的な選択肢がなかった。この現状を憂いたファンによって1999年12月にDVD化署名運動が起こり、2004年7月に市販向けDVDソフトが販売されることとなった(供給元とDVD化署名運動との直接的な交渉があったかは定かではない)。なおDVD化署名運動の間には、ビデオを常備したレンタル店のリスト作成が並行して行われ、視聴希望者への便宜を図っていた。

映像作品以外には、この映画のシナリオが月刊シナリオ誌1992年9月号に掲載されている。ただし掲載されているシナリオは、ストーリー展開は同じであるものの、細部が映画と大きく異なっており、いわばシナリオ原案と位置づけるべきものである。

ストーリー[編集]

1970年代の地方高校を舞台に、物理学を志望する女子高校生と、将来への目標を見出せないでいる男子高校生の出会いと別れを描く。ストーリーは、10年前の初恋を回顧する青年の独白から始まり、青春の甘美さ・残酷さとその蹉跌、更には主人公の内的世界の描写へと展開していく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

岐阜市との関わり[編集]

撮影は全て監督の出身地である岐阜市で行われ、映像には市電、岐阜北高校岐山高校川原町の風景が登場する。そのため、2008年2月29日と3月1日に岐阜県教育委員会などが主催し岐阜市民会館にて上映会や監督などを交えトークショーが行われた。

外部リンク[編集]