蕭緬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蕭緬(しょう めん、455年 - 491年)は、南朝斉皇族。安陸昭王。は景業。

経歴[編集]

蕭道生の子として生まれた。容姿や挙措にすぐれた。の秘書郎を初任とした。邵陵王文学や中書郎をつとめた。479年建元元年)、斉が建国されると、安陸侯に封じられた。太子中庶子に転じ、侍中の位を受けた。482年(建元4年)、武帝が即位すると、蕭緬は五兵尚書となり、前軍将軍の号を受けた。輔国将軍・呉郡太守として出向し、治績を挙げ、竟陵王蕭子良に高く評価された。

483年永明元年)、持節・都督郢州司州之義陽軍事・冠軍将軍・郢州刺史に転じた。487年(永明5年)、建康に召還されて侍中となり、驍騎将軍の号を受けた。中領軍に転じた。488年(永明6年)、散騎常侍・太子詹事に転じた。会稽郡太守として出向した。490年(永明8年)、使持節・都督雍梁南北秦四州荊州之竟陵司州之隨郡諸軍事・左将軍・寧蛮校尉・雍州刺史に任じられた。寛容穏健な統治で知られた。491年(永明9年)、死去した。侍中・衛将軍の位を追贈された。は昭侯といった。享年は37。

蕭緬は若いころから西昌侯蕭鸞と親しく、蕭鸞は蕭緬死去の当時は尚書右僕射兼衛尉であったが、衛尉の任を解くように上表し、私邸で哀悼を捧げようとしたが許されなかった。蕭鸞は蕭緬の霊前に立つごとに、慟哭して声にならなかったという。494年建武元年)、明帝(蕭鸞)が即位すると、蕭緬は侍中・司徒・安陸王の位を追贈された。

子女[編集]

  • 蕭宝晊(後嗣、安陸王、輔国将軍・湘州刺史、495年に冠軍将軍、499年に湘東王・征虜将軍、500年に左衛将軍、501年に太常、502年に梁王蕭衍に叛いて殺害された)
  • 蕭宝覧(江陵公、502年に兄弟とともに殺害された)
  • 蕭宝宏(汝南公、496年に宵城公に改封、502年に兄たちとともに殺害された)

伝記資料[編集]