蕨真一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蕨眞から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
蕨 真一郎
(わらび しんいちろう)
ペンネーム 蕨真
誕生 1876年8月20日
日本の旗 日本 上総国武射郡埴谷村(現・千葉県山武市
死没 (1922-10-14) 1922年10月14日(46歳没)
職業 歌人
言語 日本語
親族 蕨橿堂(弟、歌人)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

蕨真一郎(わらび しんいちろう、1876年(明治9年)8月20日 - 1922年(大正11年)10月14日)は、日本歌人、造林家。蕨真(けっしん)、礎山(そざん)。

人物[編集]

上総国武射郡埴谷村(現在の千葉県山武市)出身。五代続く林業家で、県内有数の大山林地主であった。

東金漢学者・吉井宗元の漢学塾「南総斯文学会」に学ぶ。1901年(明治34年)、同じ武射郡出身で友人であった伊藤左千夫の紹介により、正岡子規の門下生となる。子規没後の1903年(明治36年)、根岸短歌会の機関誌『馬酔木』の編集委員となる。真一郎は『馬酔木』創刊にあたっての有力な経済的支援者だった。1906年(明治42年)に埴岡短歌会を設立し、地元歌人の作品を『馬酔木』上で紹介するようになった。1908年(明治44年)には左千夫により、千葉県の真一郎の自宅にて『阿羅々木』(翌年『アララギ』と改名)が発刊され、真一郎が編集発行を担当した。『アララギ』はその後4号より、東京都本所区茅場町の左千夫宅へと発刊所が移った。真一郎は『アララギ』でも引き続き経済的支援者であった。

1912年(大正元年)まで創作活動を続けたが、父の死去により家督を相続後は『アララギ』の活動から離れていった。その後は自らが設立した埴岡農林学校の運営や林業経営に努め、「山武杉」を全国に広めて山武を一大林業地帯に育てた。山武市立睦岡小学校歌碑がある。

家族[編集]

弟の蕨橿堂(わらび きょうどう、1879年6月3日 - 1947年2月15日、本名 蕨直治郎)も歌人で、やはり根岸短歌会に参加した。弟直治郎は『アララギ』への参加を続け、後年には子規庵の維持復興に尽力し、寒川鼠骨とともに子規庵短歌会の機関誌『阿迦雲』を創刊した。また、縁戚の蕨桐軒も歌人である。[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宮本栄一郎「房総の風土と歌人」千葉県立中央図書館編『房総の短歌・歌人』(千葉県立中央図書館発行、1979年)、p.51

参考資料[編集]

関連項目[編集]