蔵間竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蔵間龍也から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
蔵間 竜也 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 蔵間 龍也→蔵間 龍矢→蔵間 龍也→ 蔵間 豹牙→蔵間 竜也
本名 蔵間 龍也
愛称 善戦マン[2]
生年月日 (1952-12-16) 1952年12月16日
没年月日 (1995-01-26) 1995年1月26日(42歳没)
出身 滋賀県野洲郡野洲町
身長 188cm
体重 140kg
BMI 39.61
所属部屋 時津風部屋
得意技 左四つ、寄り、吊り、上手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 765勝787敗25休(126場所)
幕内戦歴 424勝491敗15休(62場所)
敢闘賞1回
技能賞2回
データ
初土俵 1968年9月場所[1]
入幕 1976年7月場所[1]
引退 1989年9月場所[1]
引退後 タレント
備考
金星2個(輪島1個、若乃花1個)
2012年12月7日現在

蔵間 竜也(くらま たつや、1952年12月16日 - 1995年1月26日)は、滋賀県野洲郡野洲町(現野洲市)出身で、時津風部屋所属の大相撲力士タレント。最高位は西関脇(1978年(昭和53年)5月場所)。身長188cm、体重140kg。得意技は左四つ、寄り、吊り、上手投げ。タレントとしては本名の蔵間 龍也で活動し、浅井企画に所属していた。妻は女優渡辺やよい[1]

来歴[編集]

大相撲力士時代[編集]

野洲中学校八幡工業高校時代は、柔道水泳ラグビーなどで活躍。とりわけ柔道に関しては嗜み程度の稽古で2段という傑出した才能の持ち主であった。講道館の支部長が当時の時津風親方(元横綱・双葉山)と知り合いであった縁で、高校を中退し時津風部屋に入門、1968年(昭和43年)9月場所で初土俵を踏んだ。当人は「双葉山最後の弟子」と称していた。

新入幕の頃は期待の新鋭と目された。相撲好きであった昭和天皇も目をかけていた一人で、天覧相撲の時、説明役についた春日野理事長(元横綱・栃錦)に「蔵間はどうなの?」と尋ね、春日野は「あれは大関になります」と答えた。

左四つがっぷりに組んでの吊り寄り、右上手投げを得意とし、横綱・北の湖には17戦全敗と一度も勝てなかったが長い相撲で苦しめることが多く、千代の富士(のち、横綱)には新大関に昇進した場所で勝っている。新三役の1978年3月場所では貴ノ花、三重ノ海をやぶって技能賞を獲得し、5月場所では自身にとって最初で最後の関脇の地位に就いた[1]。しかし、攻めの遅い取り口と執念に欠ける性格のため、上位陣との取組で得意の型となって善戦はしても大きく勝ち越すことがなく「善戦マン」と呼ばれた。腰痛の持病を抱えていたことも大成を阻んだといえる。1978年(昭和53年)1月場所での10勝が最高で、その後はいわゆる「エレベーター力士」に終始した[1]。対横綱戦は2勝44敗と極端に横綱に弱い部分があった[3]。それでも、1981年5月場所は腰痛が快方に向かっていたため調子が良く、この場所初日には若乃花から金星を奪っている。その1番は、左四つ十分で寄り立ててきた若乃花を、土俵際で逆転の小手投げを放ち、絵に描いたように裏返しにして見せた、という内容であった[4]

春日野の言葉をのちのちまで覚えていた昭和天皇もこれを歯がゆがったのか、「蔵間、大関にならないね」とこぼした。春日野は「私は陛下に嘘を申し上げました」と言って謝罪し、その後当人を理事長室へ呼んで叱責したという。

全盛期には美男ぶりと巧みなトークを売りに若三杉(後の横綱・2代目若乃花)と女性の人気を二分した[1]。私生活も派手で大関の望みが消えてからは横綱・輪島を意識してリンカーン・コンチネンタルを乗り回し、千葉県市川市には蔵間御殿と呼ばれる豪邸を建て、夫人に女優の渡辺やよいを迎えた。

21年間の現役生活を通して、本名の「蔵間」を四股名とした(ただし、下の名前に関しては龍也→龍矢→龍也→豹牙→竜也と改名している)が、一度故郷の三上山の異名である「近江富士」への改名が持ち上がった。しかし、ちょうど同じ頃その三上山で深刻な害虫災害が発生、縁起が悪いということで立ち消えになった(地元後援会が「滋賀の近江富士は低い山でスケールが小さい」と猛反発してお蔵入りになったという説もある[5])。なお、甲賀郡信楽町(現・甲賀市)出身の三杉里が新入幕を果たした1988年(昭和63年)5月場所で蔵間も再入幕しており、この場所のみ滋賀県出身幕内力士が複数存在した(蔵間引退後には彦根市出身、かつ時津風部屋の後輩に当たる蒼樹山が入幕し、三杉里と合わせ複数となった場所がある)。

長身で美形な故に人気力士であった。「大器」の呼び声が高かった力士としては物足りなかったが、強力なタニマチを持ち横綱大関を諦めてからは平幕中位に腰を据え(時折小結には顔を出した)、長く活躍を続ける蔵間のような生き方は多くの力士の憧れであった。

1989年(平成元年)の9月場所前の健康診断で、慢性骨髄性白血病と判明(なお当時公式には脾腫による1か月の加療と発表されていた)[1]。9月場所限りで現役を引退し年寄錣山を襲名したが、病気のため1990年(平成2年)6月に廃業し、協会から去った。現役時代から、JR総武線都営新宿線本八幡駅前で「相撲茶屋・蔵間」を経営していた。

タレント時代[編集]

日本相撲協会を退職後はタレントに転向し、大相撲関係のコメンテーターとして活躍。『大相撲を101倍楽しむ法』、『大相撲ウソホントの新発見』、『まわしだけが知っている』などの著作がある。

タレント・スポーツコメンテーターなどとして活躍し、ちょうど若乃花貴乃花の若貴兄弟らが、若年層の相撲ファンを開拓していたこともあって、『ブロードキャスター』などのバラエティ番組でも相撲担当ゲストとしてわかりやすい語り口で人気を博し、元力士としては異例の活躍ぶりであった。一方、優勝予想が当たらないことで話題となり、力士当人から名指ししないでくれと泣きつかれた、という噂がまことしやかに流れた。番組上でデーモン小暮閣下がキャスターに「優勝予想は?」と尋ねられた際、「蔵間さんが予想していない力士」と返したエピソードもある。予想を外してしまい「約束どおり」と罰ゲームをやらされたこともある。1992年、テレビ東京かとうれいこと『激突!アメリカン筋肉バトル』の司会を務めた。

93年放送の『たかじんnoばぁ〜』(よみうりテレビ)にて病気で年寄(親方)を辞めた事情を明かしている。(中野浩一角盈男も同席、バーテンダートミーズ雅が宥めていた。)

闘病生活と死後[編集]

蔵間が慢性骨髄性白血病に冒されている事実は、彼の家族や親類など、ごく限られた者にしか知らされなかった。実兄とHLAが一致し骨髄移植は可能であったが、当時の移植成功率を考え、残された時間を有意義に生きることを選択した。

しかし、1995年(平成7年)1月上旬に急性転化し緊急入院。兄からの骨髄移植手術も考慮された矢先の同年1月26日、慢性骨髄性白血病による急性転化多臓器不全のため、東京女子医大病院にて42歳で死去。死の数日前、カセットテープに残した「誰からも同情されたくはなかった」という主旨の遺言は、多くの人々の涙を誘った。

妻の弥生が綴った蔵間の生涯は、『永遠の千秋楽 蔵間・愛と涙の2500日』として単行本化されている。その後1996年(平成8年)4月には、それを原作としたテレビドラマTBS系で放送され、蔵間役に渡辺徹、弥生役に名取裕子が起用された。また弥生は、千葉県市川市で「ちゃんこ蔵間」を経営していたが現在は閉店している。滋賀県栗東市にある「ちゃんこ蔵間」は、蔵間の関係者(兄)が経営する店舗で資本関係はない。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:765勝787敗25休 勝率.493
  • 現役在位:126場所
  • 幕内成績:424勝491敗15休 勝率.463
  • 幕内在位:62場所
  • 三役在位:7場所(関脇1場所、小結6場所)
  • 三賞:3回
    • 敢闘賞:1回(1978年1月場所)
    • 技能賞:2回(1978年3月場所、1981年5月場所)
  • 金星:2個(輪島1個、若乃花1個)

場所別成績[編集]

蔵間 竜也
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1968年
(昭和43年)
x x x x (前相撲) 西序ノ口7枚目
5–2 
1969年
(昭和44年)
東序二段38枚目
4–3 
東序二段16枚目
4–3 
東三段目97枚目
3–4 
西序二段4枚目
5–2 
西三段目57枚目
4–3 
東三段目45枚目
1–6 
1970年
(昭和45年)
東三段目77枚目
3–4 
東三段目86枚目
4–3 
東三段目65枚目
4–3 
東三段目43枚目
3–4 
東三段目53枚目
6–1 
東三段目19枚目
4–3 
1971年
(昭和46年)
東三段目8枚目
4–3 
東幕下58枚目
5–2 
東幕下37枚目
2–5 
西幕下57枚目
2–5 
西三段目22枚目
6–1 
西幕下44枚目
4–3 
1972年
(昭和47年)
東幕下39枚目
5–2 
東幕下23枚目
4–3 
西幕下20枚目
4–3 
西幕下17枚目
2–5 
西幕下29枚目
4–3 
東幕下26枚目
6–1 
1973年
(昭和48年)
西幕下11枚目
4–3 
東幕下7枚目
4–3 
東幕下4枚目
1–6 
東幕下23枚目
4–3 
西幕下16枚目
4–3 
西幕下14枚目
4–3 
1974年
(昭和49年)
東幕下11枚目
4–3 
東幕下9枚目
4–3 
東幕下5枚目
3–4 
東幕下11枚目
5–2 
西幕下3枚目
4–3 
西幕下2枚目
3–4 
1975年
(昭和50年)
西幕下6枚目
6–1 
西幕下筆頭
5–2 
東十両12枚目
9–6 
西十両6枚目
6–9 
西十両10枚目
8–7 
西十両9枚目
9–6 
1976年
(昭和51年)
東十両3枚目
7–8 
東十両4枚目
7–8 
東十両6枚目
11–4 
東前頭13枚目
6–9 
西十両3枚目
4–11 
西十両8枚目
9–6 
1977年
(昭和52年)
西十両3枚目
9–6 
東十両筆頭
10–5 
西前頭10枚目
8–7 
東前頭7枚目
8–7 
西前頭3枚目
5–10 
西前頭7枚目
9–6 
1978年
(昭和53年)
西前頭3枚目
10–5
東小結
8–7
西関脇
3–12 
西前頭7枚目
9–6 
西前頭筆頭
8–7
東前頭筆頭
6–9 
1979年
(昭和54年)
東前頭5枚目
8–7 
東前頭2枚目
7–8 
東前頭3枚目
6–9 
東前頭5枚目
8–7 
東前頭筆頭
休場
0–0–15
西前頭12枚目
8–7 
1980年
(昭和55年)
西前頭6枚目
5–10 
西前頭13枚目
8–7 
東前頭10枚目
8–7 
東前頭7枚目
8–7 
西前頭4枚目
4–11 
西前頭10枚目
8–7 
1981年
(昭和56年)
東前頭7枚目
9–6 
西前頭筆頭
8–7 
東前頭筆頭
9–6
東小結
8–7 
東小結
6–9 
西前頭2枚目
4–11 
1982年
(昭和57年)
西前頭10枚目
7–8 
東前頭11枚目
8–7 
西前頭7枚目
8–7 
西前頭3枚目
4–11 
東前頭10枚目
8–7 
西前頭5枚目
8–7 
1983年
(昭和58年)
西前頭筆頭
5–10 
西前頭6枚目
8–7 
東小結
4–11 
西前頭4枚目
8–7 
東小結
5–10 
西前頭4枚目
6–9 
1984年
(昭和59年)
東前頭7枚目
8–7 
西前頭筆頭
4–11 
東前頭7枚目
9–6 
西小結
4–11 
東前頭6枚目
8–7 
東前頭2枚目
6–9 
1985年
(昭和60年)
東前頭6枚目
8–7 
東前頭2枚目
4–11 
東前頭10枚目
9–6 
西前頭4枚目
6–9 
東前頭8枚目
6–9 
西前頭13枚目
9–6 
1986年
(昭和61年)
東前頭6枚目
7–8 
西前頭8枚目
7–8 
東前頭12枚目
8–7 
東前頭8枚目
6–9 
西前頭12枚目
7–8 
東十両筆頭
8–7 
1987年
(昭和62年)
東前頭13枚目
8–7 
西前頭9枚目
6–9 
東前頭13枚目
7–8 
東十両筆頭
6–9 
西十両5枚目
9–6 
東十両3枚目
6–9 
1988年
(昭和63年)
西十両6枚目
8–7 
東十両4枚目
11–4 
東前頭13枚目
6–9 
東十両2枚目
6–9 
東十両7枚目
8–7 
西十両4枚目
5–10 
1989年
(平成元年)
西十両9枚目
9–6 
西十両4枚目
8–7 
東十両2枚目
6–9 
東十両6枚目
8–7 
西十両4枚目
引退
1–4–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 蔵間 龍也(くらま たつや)1968年11月場所-1979年1月場所
  • 蔵間 龍矢(- たつや)1979年3月場所-1980年1月場所
  • 蔵間 龍也(- たつや)1980年3月場所-1982年1月場所
  • 蔵間 豹牙(- ひょうが)1982年3月場所-1983年11月場所
  • 蔵間 竜也(- たつや)1984年1月場所-1989年9月場所

年寄変遷[編集]

  • 錣山 竜也(しころやま たつや)1989年9月-1989年11月
  • 錣山 龍也(- たつや)1989年11月-1990年6月(廃業)

著作[編集]

  • 『大相撲を101倍楽しむ法』(1991年、勁文社
  • 『大相撲ウソホントの新発見』(1992年、青春出版社
  • 『まわしだけが知っている』(1993年、集英社

テレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

  • 「蔵間のハイ、今日も待ったなし!」全国AM数局ネット - 放送期間中に自身が他界したため、琴剣に引き継がれた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p23
  2. ^ 角界「異名」列伝 ウルフの時代 時事ドットコム
  3. ^ 大空出版『相撲ファン』vol.06 p51
  4. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p43
  5. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 創業70周年特別企画シリーズ②(別冊師走号、2016年)85ページ

関連項目[編集]