蔵内数太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蔵内 数太(くらうち かずた、1896年8月1日 - 1988年7月6日)は、日本の社会学者。

来歴[編集]

岡山県出身。1920年東京帝国大学文学部社会学科卒。1935年九州帝国大学教授、1947年「分科社会学」で東京大学文学博士。1948年大阪大学教授、1960年定年退官、名誉教授、関西学院大学教授、1967年追手門学院大学教授。

著書[編集]

  • 『文化社会学 日本の社会と文化』培風館 1943
  • 『文化と教育 社会学的研究』丁子屋書店 1948
  • 『社会学概論』培風館 1953
  • 『社会学』培風館 1962
  • 蔵内数太著作集』全5巻 関西学院大学生活協同組合出版会 1976‐84

記念論集[編集]

  • 『社会学における理論と実証 蔵内博士退官頌寿記念論文集』培風館 1963

参考[編集]