蓼沼丈吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

4代 蓼沼 丈吉(たでぬま じょうきち、1862年8月23日(文久2年7月28日[1])- 1919年大正8年)7月1日[2][3])は、明治から大正前期の実業家政治家衆議院議員栃木県安蘇郡三好村長。幼名・勝蔵、千代吉[4]田中正造の支援者の一人[5]

経歴[編集]

下野国安蘇郡岩崎村[4]栃木県[2]安蘇那岩崎村、三好村[3][5]田村町[4][5]を経て現佐野市岩崎町)で、地主、呉服太物業・2代丈吉、智恵の二男として生まれる[4]。16歳から家業に従事[4]。1886年(明治19年)6月、兄・3代丈吉の死去に伴い家督を相続し4代丈吉を襲名した[1][4][5]

1887年(明治20年)下野石灰監査委員に就任。以後[4]、葛生銀行幹事、同取締役、佐野鉄道社長、佐野銀行取締役、下野新聞取締役、栃木県農工銀行監査役などを務めた[1][2][3][4][5]

政界では、1889年(明治22年)三好村会議員に就任[4][5]。以後、栃木県会議員、三好村長を務めた[2][3][4][5]田中正造の辞職に伴い、1901年(明治34年)11月に実施された第6回衆議院議員総選挙栃木県第3区補欠選挙で田中の後継者として当選し[4][5][6][7]、衆議院議員に1期在任した[2][3]

また、資産の一部と寄付金を用いて1911年(明治44年)財団法人蓼沼慈善団(現:公益財団法人三好園)を設立して理事長に就任し、青少年の育英資金の貸与を行った[2][3][4]

著作[編集]

  • 『足尾銅山鉱毒被害救済私見』山田友次郎、1902年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『人事興信録 第4版』た137頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』396頁。
  3. ^ a b c d e f 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』282頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『栃木県歴史人物事典』384-385頁。
  5. ^ a b c d e f g h i 『栃木県大百科事典』449頁。
  6. ^ 『第一回乃至第十九回総選挙衆議院議員当選回数調』239頁。
  7. ^ 『官報』第5522号、明治34年11月28日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 衆議院事務局『第一回乃至第十九回総選挙衆議院議員当選回数調』1936年。
  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 『栃木県大百科事典』下野新聞社、1981年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『栃木県歴史人物事典』下野新聞社、1995年。

外部リンク[編集]