蓼の海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯36度04分48秒 東経138度07分55秒 / 北緯36.080度 東経138.132度 / 36.080; 138.132 蓼の海(たてのうみ)は長野県諏訪市の水田灌漑用のため池。現在、池周辺は周囲の森林と併せて「蓼の海公園」として整備されている。

蓼の海スケートリンク[編集]

1925年から天然のスケートリンクとして整備された[1]。標高1250mに位置し、かつては日本屈指のスケートリンクとして栄えた。蓼の海はよく滑るリンクとして知られていた[2]。1955年1月の第10回国民体育大会冬季大会(スケート競技)の会場として使用された[3]。 人工のリンクが普及したため、1976年に閉鎖された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 蓼の海公園 、大見山展望台○蓼の海の沿革
  2. ^ 小林耕作、北原式道『スケートリンクの氷質調査』低温科學. 物理篇 = Low temperature science. Series A,Physical sciences, 26: 297-314
  3. ^ 『国民体育大会の歩み』 1980年3月1日増補改定版 発行:都道府県体育協会連絡協議会 監修:日本体育協会 131ページ
  4. ^ 蓼の海公園 、大見山展望台○蓼の海の沿革

外部リンク[編集]