蓮見敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蓮見 敏男(はすみ としお、1946年4月22日 - )は日本実業家マルエツ代表取締役副社長、ダイエー代表取締役社長、富士ソフト代表取締役副会長などを歴任した。

人物・経歴[編集]

埼玉県出身。1969年東洋大学経済学部卒業、主婦の店ダイエー(現ダイエー)入社[1]企画部門や財務を長く担当し[2]、1989年取締役に昇格。1994年マルエツ代表取締役副社長。1999年ダイエー常務取締役。2004年からダイエー代表取締役社長を務め[1]産業再生機構による支援企業決定までの間[2]福岡ダイエーホークス株式ソフトバンクへの売却などを進めた[3]。2005年富士ソフト副社長。2006年富士ソフト取締役副社長。2007年富士ソフト代表取締役副社長[1]。2008年富士ソフト代表取締役副会長[4]。2011年富士ソフト顧問[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「代表取締役の異動及び役員の異動に関するお知らせ 」富士ソフト
  2. ^ a b 「ダイエー社長に蓮見常務/支援企業決定までの暫定」四国新聞社2004/10/20 10:16
  3. ^ ネットでファンと球団を近づける──ホークス買収の孫社長ITmedia NEWS2004年11月30日
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
先代:
高木邦夫
ダイエー社長
第4代:2004年 - 2005年
次代:
樋口泰行