蓮ヶ原川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蓮ヶ原川
Kuki Hasugahara River 1.JPG
久喜市役所付近(2011年11月)
種別 準用河川
河口・合流先 中落堀川埼玉県久喜市
流路 埼玉県久喜市
流域 久喜市久喜区域
テンプレートを表示

蓮ヶ原川(はすがはらがわ)は、埼玉県久喜市(久喜区域)を流れる準用河川である。

概要[編集]

本町(北側)・下早見(南側)などではかつての南埼玉郡久喜町(北側、現:久喜地区)・江面村(南側、現:江面地区)の町村界よりやや南側を流下していた。

また、蓮ヶ原川は蓮ヶ原落(はすがはらおとし)とも称されている。蓮ヶ原とは旧大字久喜新小字である。蓮ヶ原という土地はもともとの自生する湿地帯であったが、水田として開墾された地域であり、1927年昭和2年)には耕地整理が行われた。[1][2]

水源は主に新川用水の農業排水で、久喜市上早見の田園地帯に端を発する。上早見字新田付近を東へ流れ、途中で一旦暗渠となり、久喜地区消防本部県道3号さいたま栗橋線を横断した後、久喜警察署北側にて開渠となる。途中の久喜自動車学校北側(久喜東6丁目付近)にて北東へ流路を変え、久喜東1丁目にて中落堀川に至り合流・終点となる。久喜市本町4丁目付近に管理起点がある。詳細な流路に関しては下記の流路節を参照されたい。

流路[編集]

  • 水源:久喜市上早見の田園地帯。(水源は主に新川用水の農業排水)
  • 上早見字新田付近を東南東へ流下する。(周辺の水路を集めながら流れる)
  • 久喜地区消防本部の下を暗渠にて横断し、さいたま栗橋線を暗渠にて横断する。
  • 久喜警察署北側にて開渠となる。
  • 本町4丁目(北側)と上早見(南側)の境界を南東へ流れる。
  • 久喜市立久喜南中学校北東50m付近で仏供田落を分水する。
  • 本町3丁目(北側)と上早見(南側)の境界を南東へ流れる。
  • 流域南側が上早見字駒より下早見字駒河内になった付近にて、それまでの南東方より南南東方へと流路を変え、本町3丁目(北側)と下早見(南側)の境界を流れる。
  • 市役所通りを横断し南4丁目(北側)と下早見(南側)の境界を南南東へ流れる。
  • 流域両岸が南4丁目となった付近より南東方面へと流路を変え、南4丁目・南3丁目・南2丁目を流下する。
  • 南2丁目にて東北新幹線東北本線を東へ横断する。
  • 久喜東6丁目を南東へ流下し、久喜自動車学校北東側にて北東へ流路を変える。
  • 東武伊勢崎線を横断し、久喜東5丁目を北東へ流れる。
  • 六間通りを北側へ横断すると流路は東へと変わり、久喜東1丁目を東へ流下する。
  • 中落堀川に至り合流・終点となる。
  • 終点:中落堀川

橋梁[編集]

流域周辺所在の施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『久喜市史 民俗編(241ページ)』 久喜市史編さん室 編集 埼玉県久喜市 発行 平成3年3月25日 発行
  2. ^ 『用悪水路の例(久喜新字蓮ヶ原)』 行政資料番号 No.3654 久喜市公文書館

外部リンク[編集]