蓬莱昭彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蓬莱 昭彦
20101123 Akihiko Hourai,coach of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2010年11月23日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1957-04-24) 1957年4月24日(60歳)
身長
体重
166 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1979年 ドラフト4位
初出場 1980年4月5日
最終出場 1987年8月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴

蓬莱 昭彦(ほうらい あきひこ、1957年4月24日 - )は、岡山県岡山市生まれ、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

岡山県岡山市で生まれ、国体にも出場した父に野球を教わる。中学校1年生の時に熊本市へ移り、投手となる。熊本工業高校では最初は一塁手だったが、監督の指導で再び投手となり、2年秋からエース。1975年第47回選抜高等学校野球大会に出場し、初戦で杉村繁を擁する対高知高校戦に登板。延長11イニングスを投げ、4対5で敗れている。同年夏は熊本大会で優勝したが、中九州大会で敗れた。高校卒業後は西南学院大学に進学し、2年上に門田富昭がいたため外野手に転向し、1年からレギュラーとなり、首位打者を獲得するなど活躍した。1979年秋にドラフト4位指名で西武ライオンズに入団。入団発表の前日に、上京したホテルで父が急死している。

西武では1年目から外野の準レギュラーとなり、1982年には「大型野球」から「緻密な野球」を目指す新監督・広岡達朗から二番に抜擢され、チーム初の日本一に貢献した[1]。翌1983年以降から出場機会が漸減し、1985年には打率.346でイースタン・リーグの首位打者を獲得するも、1986年オフに金銭トレードで中日ドラゴンズへ移籍。新天地では計14試合の出場に留まり、1988年に現役引退した。

引退後、故郷の熊本に戻り、家業である瓦の製造販売業を継ぐ。解説者を経て、東尾修から「シニアリーグを立ち上げるので監督をしてみないか」と誘われ1994年から世田谷西シニアリーグ監督を務める[2]。また、自ら運営に参加する加圧ジムトレーナーも兼務し、プロ野球マスターズリーグ・東京ドリームスの選手としても活躍した。

2010年からはシニアリーグでの選手育成手腕を買われ、横浜ベイスターズの二軍・湘南シーレックスの育成コーチに就任し22年ぶりに球界に復帰。2013年からは一軍外野守備・走塁コーチを務めたが、2014年10月8日に球団から来季の契約を結ばないことが発表された[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 西武 109 137 121 20 25 2 1 2 35 9 2 4 4 1 11 0 0 13 4 .207 .271 .289 .560
1981 74 147 130 24 32 8 2 1 47 7 1 3 4 0 11 0 2 10 1 .246 .315 .362 .676
1982 80 218 180 22 39 1 1 2 48 15 3 5 16 2 17 0 3 16 2 .217 .292 .267 .559
1983 29 33 27 4 6 2 0 1 11 4 1 0 4 1 1 0 0 2 1 .222 .241 .407 .649
1986 3 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1987 中日 14 23 20 5 5 2 0 0 7 1 0 0 1 0 2 0 0 5 0 .250 .318 .350 .668
通算:6年 309 559 479 76 107 15 4 6 148 36 7 12 29 4 42 0 5 46 8 .223 .291 .309 .600

記録[編集]

背番号[編集]

  • 43 (1980年 - 1986年)
  • 14 (1987年 - 1988年)
  • 70 (2010年 - 2011年)
  • 74 (2012年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊サンケイ、1982年4月15日号、32頁
  2. ^ 西南学院大学広報誌 SEINAN SPIRIT
  3. ^ 2015年度 コーチ契約についてDeNA球団公式サイト2014年10月8日配信

関連項目[編集]