蒲生郷舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
蒲生郷舎
Site of Gamō Satoie's Position.jpg
関ヶ原の戦いの蒲生郷舎陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町)
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 不詳
死没 不詳
改名 坂源兵衛→蒲生郷舎
別名 通称:源兵衛
主君 関成重柴田勝家蒲生氏郷秀行石田三成→蒲生秀行→藤堂高虎蒲生忠郷忠知
陸奥会津藩伊勢津藩→陸奥会津藩
氏族 坂氏蒲生氏
父母 父:蒲生郷成
兄弟 郷喜郷舎

蒲生 郷舎(がもう さといえ、生没年不詳)は、戦国時代から江戸時代にかけての武将蒲生氏家臣。父は蒲生郷成(兄とも)。初名は坂源兵衛

生涯[編集]

尾張国出身。初めは坂源兵衛と名乗った。父の郷成は坂氏出身であり、関成重柴田勝家に仕えた後に蒲生氏に仕官した。九州征伐で戦功を挙げ、蒲生姓と郷舎の名を賜う。主君蒲生氏郷陸奥国会津に移封されると、郷成、郷舎父子は白石城4万石に封ぜられる。しかし、氏郷が死亡すると、後を継いだ秀行の下、重臣間での軋轢が表面化し、合戦にまで発展する(蒲生騒動)。このため、蒲生家は東北諸大名の抑えとして機能することが出来ず、下野国宇都宮に減移封された。郷舎は父・郷成や兄・郷喜が残留する中、蒲生家を出奔して浪人となり、石田三成に仕える。

関ヶ原の戦いの後、父と兄が残った蒲生家に帰参。その後、重臣の岡重政と争い事を起すと父や兄と共に出奔し、藤堂高虎に仕える。

慶長18年(1613年)、蒲生秀行が死亡し忠郷が跡を継ぐと、岡重政が失脚し、郷成・郷喜・郷舎は蒲生家に呼び戻され、再度帰参する。郷成は帰参途中に死亡したため、郷喜が3万石、郷舎は三春城1万5,000石を賜る。しかし、重臣町野幸和と対立し、蒲生家から兄弟で放逐される。町野幸和の失脚後、再び兄弟は蒲生家に帰参するが、後に主君・忠知により郷舎はまた放逐された。

没年は不詳。

備考[編集]

関連作品[編集]

小説

関連項目[編集]