蒲池久直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蒲池 久直(かまち ひさなお)は、平安時代末期から鎌倉時代初頭の武将。掃部頭。蒲池氏(前蒲池)の祖。正式な名乗りは源 久直(みなもと の ひさなお)。

肥前国の皇室直轄荘園の神埼荘鳥羽院領)に荘官として下向した嵯峨源氏源満末の孫(あるいは子)。源貞宗の子(あるいは弟)。

鎮西御家人[編集]

平忠盛平清盛平家の知行地である神埼荘の武士として治承・寿永の乱(源平合戦)では松浦党の諸氏と同じく当初は平家方であったが、壇ノ浦の戦いにおいて松浦党が源家方に与したのと同じく久直も源家方に立ち、その手柄により鎌倉幕府の鎮西御家人になり、源頼朝から筑後国三潴郡の地頭に任じられる。同地を支配していた橘公頼の子孫の筑後橘氏の娘婿となり、その勢力を背景に蒲池城を本拠地として蒲池氏の初代となる。

系譜[編集]

 嵯峨源氏源融流

    嵯峨天皇
      ┃
      
      ┣━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┓
                                          
      ┣━━┳━━┳━━┓  ┣━━━━━━━━━┳━━┳━━━┳━━━┓  ┃  ┣━━┓
                            是茂  衆望      
      ┏━━┫        ┣━━┳━━━┓  ┃      ┃         ┃  ┃
        寛筭             安法        師世          
                  ┃         ┃      ┃
                           (渡辺綱) 貞清
                  ┃         ┃      ┃
                                 末行
                            ┃      ┃
                            (松浦久) 満末
                            ┣━━┓     ┃
                                  貞宗
                            ┃  ┃     ┃
                                 久直(蒲池久直)

関連項目[編集]