蒜山中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蒜山中継局
局名 蒜山中継局
送信波 地上デジタルテレビジョン放送
地上アナログテレビジョン放送
偏波面 水平偏波
垂直偏波(アナログVHF)
送信放送局 NHK岡山放送局(テレビ)
RSK山陽放送(テレビ)
OHK岡山放送
RNC西日本放送(デジタルテレビ)
KSB瀬戸内海放送(デジタルテレビ)
空中線電力 アナログUHF:30W
アナログVHF:10W
デジタル:3W
指向性 北西方向
放送区域 岡山県真庭市一部
受信世帯 約1700世帯
開局 1968年12月1日
設置場所 岡山県真庭市蒜山東茅部高張北平
テンプレートを表示

蒜山中継局(ひるぜんちゅうけいきょく)は岡山県真庭市蒜山高原の高張山にあるテレビジョン放送の重要中継局である。

放送区域[編集]

地上デジタル放送におけるこの送信所の電波法に定める放送区域(1mV/m)は岡山県真庭市蒜山地区、約1700世帯である。

蒜山高原のほぼ全域で受信が可能である。アナログ放送では在岡テレビ局であるNHK岡山、山陽放送、岡山放送の3社しか置局していなかったため、日本テレビ系列は隣県である鳥取県日本海テレビ鉢伏山)を視聴している世帯が多かった。

デジタル放送では在高テレビ局である西日本放送瀬戸内海放送もデジタル新局として開局したため、日本テレビ系列のほか、テレビ朝日系列も視聴できるようになった。なお、鳥取の旧VHF局がデジタル送信所をアナログ放送とは異なる場所に設置したため、デジタル放送移行後は日本海テレビとNHK鳥取の蒜山高原での受信は困難となった。

テレビ東京系列のテレビせとうちはデジタル放送に移行した現在も置局の予定はない。ただし、真庭ひかりネットワークに加入している世帯では視聴可能である。

歴史[編集]

施設[編集]

中継局は蒜山高原南東に位置する標高703.7mの高張山山頂にある。

アナログVHF局は垂直偏波である。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK岡山総合テレビ 32ch 3W 8.9W 岡山県 約1700世帯
2 NHK岡山教育テレビ 29ch 全国
4 RNC西日本放送 20ch 9.9W 岡山県・香川県
5 KSB瀬戸内海放送 30ch 10W
6 RSK山陽放送 21ch 9.7W
8 OHK岡山放送 27ch 9.8W
※全局に指向性あり
※全局局名は蒜山局
※中継局であるためコールサインは無い

地上アナログテレビジョン放送送信設備[編集]

チャンネル 放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
6 NHK岡山総合テレビ 映像10W/音声2.5W 映像14.5W/音声3.7W 岡山県 約1400世帯
8 RSK山陽放送 映像16W/音声4.1W 岡山県・香川県
12+ NHK岡山教育テレビ 映像14.5W/音声3.7W 全国
51+ OHK岡山放送 映像30W/音声7.5W 映像125W/音声32W 岡山県・香川県 -
※全局に指向性あり
※全局局名は蒜山局
※中継局であるためコールサインは無い
※12ch、51chはオフセット+10kHz局

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

デジタル放送

アナログ放送