蒋友柏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蒋友柏
プロフィール
出生: (1976-09-10) 1976年9月10日(42歳)
出身地:  台湾台北市
職業: 実業家
各種表記
繁体字 蔣友柏
簡体字 蒋友柏
拼音 Jiăng Yŏubó
和名表記: しょう ゆうはく
発音転記: ジャン ヨウボー
テンプレートを表示

蒋友柏(しょう ゆうはく、1976年9月10日 - )は、台湾実業家。曽祖父は蒋介石。父は蒋経国三男の蒋孝勇、母は政治家の蒋方智怡

経歴[編集]

一時はカナダで暮らし、アメリカニューヨーク大学情報経営学科を卒業した。卒業後は政界には入らず、2003年に、弟の蒋友常とともにデザイン会社「橙果設計公司 (DEM) 」[1]を起業した。2005年にはルノーF1チームのロゴデザインを担当[1]するなど、国際的に活躍する。

毎年2~3回は日本を観光で訪れていて「日本が大好き」とインタビューで語っている[2]

発言[編集]

蒋介石の曽孫という出自もあり、その発言はしばしばメディアに大きく取り上げられる。

2007年5月、インタビューの中で、かつて蒋家が台湾人民に迫害を加えたことを認め、曽祖父蒋介石ならびに国民党への批判を行った。さらに彼はDEMが中華人民共和国上海に支社を置いたことについて[3]、あくまで中国大陸はビジネス上の進出先に過ぎず、自分は台湾で生まれ台湾で死ぬことを望んでいる、と強調した。母・方智怡が蒋介石父子の遺体を中国に埋葬することを主張[4][5]するなど保守派の政治家として知られていたこともあり、この発言は波紋を呼んだ[6]

さらに同年12月、陳水扁政権の「脱蒋介石化」政策に対し「民進党の選挙対策」と冷ややかな態度を取りつつも賛意を表明するとともに、重ねて国民党の批判を行い、改めて台湾独立派へのシンパシーを示した[7]

家系[編集]

父の蒋孝勇蒋経国蒋方良の三男。その影響力から「影の総統(地下總統)」の異名で知られ[8]国民党中央委員を務めた(1996年死去)。母の蒋方智怡は国民党中央常務委員を務める現役の政治家である。弟には蒋友常蒋友青の2人がある。

祖父の蒋経国、曽祖父の蒋介石は、中華民国総統である。大叔父の蒋緯国は中華民国国民革命軍将軍。両親だけでなく、伯父にあたる蒋孝厳なども政治家として活躍している。

2003年2月に結婚した妻の林姮怡との間に二子がある。

系図[編集]

 
 
蒋肇聡中国語版
 
王采玉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蒋介石
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毛福梅
 
 
姚冶誠
 
 
陳潔如
 
 
宋美齢
 
 
 
 
 
戴季陶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蒋方良
 
蒋経国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
章亜若
 
蒋緯国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蒋孝文中国語版
 
蒋孝章中国語版
 
蒋孝武中国語版
 
蒋孝勇
 
方智怡中国語版
 
章孝慈中国語版
 
蒋孝厳中国語版
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蒋友柏
 
林姮怡中国語版
 
蒋友常中国語版
 
蒋友青中国語版
 

脚注[編集]

外部リンク[編集]