葛飾為斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葛飾 為斎(かつしか いさい、文政4年〈1821年〉 - 明治13年〈1880年〉6月)とは、江戸時代後期の浮世絵師

来歴[編集]

量地図説』 嘉永5年刊。国立科学博物館の展示。

葛飾北斎の門人。姓は清水、俗称は宗次。葛飾の画姓を称し、酔桜軒、酔桜楼などと号す。江戸の人で浅草蔵前向島の辺りに住む。錦絵を初めとして版本の挿絵、肉筆浮世絵も手がけており作域も広い。画風は北斎に酷似しており、安政6年(1859年)に横浜が開港されると、海外輸出向けの浮世絵を多く描いて利を得たという。小布施に旅したこともある。

作として元治元年(1864年)刊行の絵手本『為斎画式』二冊、翌慶応元年(1865年)刊行の『花鳥山水図式』五編などの他、嘉永5年(1852年)刊行の測量書『量地図説』(甲斐広永編)の挿絵、安政5年(1858年)刊行の読本『日蓮上人一代図会』六巻の挿絵などがある。肉筆画では「雷神図」や「玉巵弾琴図屏風」などが知られる。

晩年は横浜に住み、そこで死去した。享年60。なお北斎晩年の為斎宛ての書簡に、「神山熊三郎」という人物のものがあるが、これが為斎と同一人かどうかは未詳である。

作品[編集]

  • 「生首図」 絹本着色 扇面 ニューオータニ美術館所蔵 大般若心経付き
  • 「玉巵弾琴図屏風」 紙本着色 六曲一双 長野県信濃町雲龍寺所蔵
  • 「雷神図」 紙本着色

参考文献[編集]

  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣、1946年 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。241頁、158コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • ニューオータニ美術館編 『幻の浮世絵美人たち -大谷コレクション肉筆浮世絵-』 ニューオータニ美術館、1991年