葛貫能隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
葛貫能隆
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 義隆(系図「小代文書」による)、河越能隆
氏族 秩父氏葛貫氏
父母 父:秩父重隆
兄弟 能隆山田隆綱師岡重仲
河越重頼小林重弘師岡重経盛重
小代行平
テンプレートを表示

葛貫 能隆(つづらぬき/くずぬき よしたか)は平安時代後期の武蔵国の武将・豪族秩父重隆嫡男。河越能隆とも称す。

生涯[編集]

葛貫別当と称している事から、武蔵国入間郡葛貫(現在の埼玉県毛呂山町)の葛貫、もしくは国衙別当職にあったと見られる。久寿2年(1155年)8月、大蔵合戦で父の重隆が家督を争っていた畠山重能(能隆の従兄弟)らによって討たれ、秩父平氏の本拠であった大蔵は同族の畠山氏が獲得した。能隆のに秩父氏の通字である「重」の字がなく、重能の「能」という字が入っている事から、能隆は父の死後、重能の監視下にあった可能性がある。

大蔵の地を奪われ他所へ移らざるを得なくなった能隆は、嫡男重頼と共に葛貫や河越の地に移り、河越館川越市上戸)を新たな拠点として土地の開発を行い、所領を後白河上皇へ寄進して河越氏の祖となった(父の重隆を祖とすることも多い)。重隆が有していた武蔵国留守所検校職は、能隆が継いだ記録は見られないが、嫡子の重頼に継承されている。

保元物語』には秩父党の戦力として「河越、師岡、秩父別当」の諸氏が見受けられるが、ここで言う秩父別当とは能隆の可能性がある。

飛田政一編『関東諸家系図(2)』では能隆の息子に盛重がおり、その養子に盛直斎藤実盛の孫)がいることになっている。盛重は和田合戦で討ち死にしたことが『吾妻鏡』に記載されている。