落合淳思

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

落合 淳思(おちあい あつし、1974年 - )は、古代中国学者、立命館大学助教。愛知県生まれ。1997年立命館大学文学部東洋史学専攻卒、2001年同大学院文学研究科史学専攻修了、「王世系研究」で文学博士。立命館白川静記念東洋文字文化研究所客員研究員、2009年立命館大学助教[1][2]

著書[編集]

  • 『殷王世系研究』立命館東洋史學會叢書 2002
  • 甲骨文字の読み方』講談社現代新書 2007
  • 『甲骨文字に歴史をよむ』ちくま新書 2008
  • 『古代中国の虚像と実像』講談社現代新書 2009
  • 『甲骨文字小字典』筑摩選書 2011
  • 『殷代史研究』朋友書店 2012
  • 『漢字の成り立ち 『説文解字』から最先端の研究まで』筑摩選書 2014
  • 『殷 中国史最古の王朝』中公新書、2015

[編集]

  1. ^ 『殷』中公新書、著者紹介
  2. ^ 研究者情報