萩野純一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

萩野 純一郎(はぎの じゅんいちろう、1970年10月2日 - 2007年10月29日)は、日本の計算機科学者・プログラマー。博士(工学)。慶應義塾大学理工学研究科博士課程修了。

伊藤 純一郎として出生したが、1998年12月22日に萩野に改姓した。改姓前からのニックネームである「itojun(いとぢゅん)」をその後も一貫して用いており、こちらのほうが本名以上に著名である。BSD系OSでのIPv6実装プロジェクトであるKAMEプロジェクトの中心メンバーとして活躍した。その他、テキストエディタnvi多言語版であるnvi-m17nや、プレゼンテーションソフトMagicpointの作者としても知られる。また、ソニーコンピュータサイエンス研究所在籍中には、自己反映オブジェクト指向オペレーティングシステムApertosの開発に従事し、その成果は後にAIBOなどでも活用されている。

中学生の頃からプログラミングを続けており、IPv6の開発に携わり始めてからは非常に生産性の高いプログラマーとして国際的に認知されていた。まるで6人の人間が同時に作業しているようだとも評されていた。

遅咲きライダーであり、ドゥカティを駆り、後年にはNチビを入手し、レース参加に対する強い意欲を示していた。エンジニア系ライダー仲間の間では努力家として評価されている。

2007年10月29日夜に逝去した。享年38(満37歳)である。

2009年からIETFでは、IPv6の開発・普及・展開へ尽力した者に対して、萩野の遺族や友人の寄付を運営資金とする「Itojun賞(Itojun Service Award)」[1][2]が設けられた。

略歴[編集]

主な著書[編集]

  • IPv6ネットワークプログラミング(2003年2月 アスキー ISBN 978-4756142368

Itojun賞[編集]

第1回受賞者(2009年)

  • Lorenzo Colitti, Erik Kline[3]

第2回受賞者(2010年)

  • Bjoern A. Zeeb[4]

第3回受賞者(2011年)[5]

  • Alexandre Cassen
  • Rémi Després

脚注[編集]

  1. ^ Itojun Service Award - Internet Society
  2. ^ Itojun Service Award、ISOCに設置 - WIDEプロジェクト
  3. ^ 第1回Itojun賞はGoogleのLorenzo Colitti氏とErik Kline氏へ - Internet Watch
  4. ^ 第2回Itojun賞はFreeBSD開発者の1人、Bjoern A. Zeeb氏へ - Internet Watch
  5. ^ Itojun Service Award - 2011 Winner - ISOC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • itojun.org(萩野本人が運営の個人ホームページ)