萩原達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

萩原 達也(はぎわら たつや、1977年3月19日 - )は、セントラル・リーグに所属していたプロ野球審判員。審判員袖番号は17[1][2]

来歴・人物[編集]

2000年末に行なわれた審判員公募に応募し、60名の中から書類審査・実技試験を経て牧田匡平と共に新規採用された。2001年1月にセントラル・リーグ審判部に入局。

入局後は二軍戦の審判を務めていた。2003年には同期入局の牧田匡平とアメリカのハリー・ウェンデルステッド審判学校へ留学する予定だったが、入国の際、当時セントラル・リーグの手配ミスで就労ビザの未取得を指摘され入国出来ず、日本に強制送還された。そして2005年に就労ビザを取得し留学した。

2006年に1軍デビュー。2008年12月末をもって退職。

脚注[編集]

  1. ^ 171988年初採用から1994年引退まで鈴木徹がつけていた番号である。
  2. ^ 日本野球機構. “審判・記録員紹介”. 2009年1月3日閲覧。

関連項目[編集]