菱脳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
脳: Hindbrain
EmbryonicBrain.svg
Diagram depicting the main subdivisions of the embryonic vertebrate brain. These regions will later differentiate into forebrain, midbrain and hindbrain structures.
Gray708.svg
Scheme of roof of fourth ventricle.
名称
日本語 Hindbrain
関連情報
テンプレートを表示

後脳(hindbrain)または菱脳(rhombencephalon)は、の一部の発生学上の呼称。第四脳室の底にある菱形のへこみをかこむ部分をいう。菱形[1]

脊椎動物の 中枢神経系の部分の発達上の分類で これには、 延髄小脳が含まれます。 ともに重要な身体プロセスをサポートしている [2]

ロンベンセファロン

後脳は、 ロンボメアと呼ばれるさまざまな数の横方向の腫脹に細分することができます。 ヒトでは、 尾側から吻側まで8つのロンボメアが区別できます。Rh8-Rh1。 吻側では、 地峡は中脳との境界を画定します。

尾側菱脳は一般に神経管閉鎖の開始部位と考えられてきた。 [3]

の発生の過程でできる脳胞の最も後方のふくらみであり、脊椎動物の脳の発生において、最初に現れてくる三つの膨大部(脳胞)の中で、最も後ろの後脳胞。のちに菱脳の前部からは小脳と橋(きよう)、後部からは延髄が分化してくる。菱脳の内腔第四脳室と呼ばれる。えらに関係する神経が出入りして菱形(ひしがた)に膨らんでいるために菱脳と呼ばれる。哺乳類以外の菱脳の腹側表面には、哺乳類にみられる大脳皮質と関係した橋の基底部、錐体などは認められない。各機能区域は生活様式と関連して変異を示す[4]

中脳[編集]

Rhombomeres Rh3-Rh1は中脳を形成 。

小脳で構成は

髄脳[編集]

Rhombomeres Rh8-Rh4は髄脳を形成 。

髄脳は成人の脳で延髄を形成

進化[編集]

後脳は、発現する遺伝子および脳と神経索の間の位置に関して、食道下神経節として知られる節足動物の脳の一部と相同。 [5] これに基づいて、後脳は、 570〜5億5500万年前に、脊索動物と節足動物の最後の共通祖先であるアービラテリアンで最初に進化したことが示唆されています。 [6]

後脳疾患[編集]

稀な脳奇形小脳であるrhombencephalosynapsisは存在しないか、または部分的に形成することを特徴とし、症状には運動失調が含まれる場合があります。この障害は、 ゴメス・ロペス・ヘルナンデス症候群の主な特徴です。

追加画像[編集]

参照資料[編集]

  • Haycock DE (2011). Being and Perceiving. Manupod Press. p. 41. ISBN 978-0-9569621-0-2. https://books.google.co.uk/books?id=fXFeQb1z6bsC&q=hindbrain#v=snippet&q=urbilaterian&f=false. 

脚注

  1. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,精選版. “菱脳(りょうのう)とは” (日本語). コトバンク. 2019年10月9日閲覧。
  2. ^ Brain atlas - Hindbrain”. Lundbeck Institute - Brain explorer. 2015年6月8日閲覧。
  3. ^ SpringerLink - Journal Article
  4. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,精選版. “菱脳(りょうのう)とは” (日本語). コトバンク. 2019年10月9日閲覧。
  5. ^ Ghysen A (2003). “The origin and evolution of the nervous system”. Int. J. Dev. Biol. 47 (7–8): 555–62. PMID 14756331. http://www.ijdb.ehu.es/web/paper.php?doi=14756331. 
  6. ^ Haycock, DE Being and Perceiving

参照資料

5。 ジゼルE.イシャク、ジェニファーC.デンプシー、デニスWWショー、ハンナタリー、マーガレットP.アダム、ペドロA.サンチェスララ、イアングラス、テッサC.ルー、キャスリーンJ.ミレン、ウィリアムB.ドビン、ダンドハティ;菱脳脳シナプス:中脳と前脳の不完全な分離、水頭症、および広範囲の重症度に関連する後脳奇形、 、Volume 135、Issue 5、2012年5月1日、Pages 1370-1386、 https: //doi.org /10.1093/ brain / aws065

6。 Tully、HM、Dempsey、JC、Ishak、GE、Adam、MP、Mink、JW、Dobyns、WB、Gospe、SM、Weiss、A.、Phillips、JO and Doherty、D。(2013)、Persistent figure-8および左右の頭の揺れは、菱脳シナプスのマーカーです。 Mov Disord。、28:2019-2023。 doi:10.1002 / mds.25634

7。 ポレッティ、アンドレア&ディートリッヒアルバー、ファビエンヌ&ブエルキ、サラ&Pトーレ、サンドラ&ボルトシャウザー、オイゲン。 (2008)。 菱脳シナプスの小児の認知結果。 小児神経学の欧州ジャーナル :EJPN :欧州小児神経学会の公式ジャーナル。 13. 28-33。 10.1016 / j.ejpn.2008.02.005。

9. https://www.semanticscholar.org/paper/Isolated-rhomboencephalosynapsis-–-a-rare-anomaly-Paprocka-Jamroz/2fb11431e0c425c66ea3ec433ad4e964ec5ab239

外部リンク[編集]