菱川師宣記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

菱川師宣記念館(ひしかわもろのぶきねんかん)は、千葉県安房郡鋸南町にある美術館である。

概要[編集]

昭和60年(1985年3月21日、「浮世絵の祖」として知られる菱川師宣の生誕の地に開館した。師宣やその門人の版画肉筆浮世絵など作品、資料の展示、収集を目的にしており、浮世絵、町の文化財を通して房総の町の歴史などを紹介、また、特定のテーマによる浮世絵展覧会に加えて、房総生まれの江戸時代後期の石彫り師、武田石翁の展覧会、房総にかかわりのある現代作家など、年4回の企画展を実施している。

施設概要[編集]

住所
  • 〒299-1908 安房郡鋸南町吉浜516

;開館時間

  • 午前9時00分~午後5時00分(入館は午後4:30まで)
休館日
  • 月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日休館)
  • 年末年始(12月29日~1月3日)
入館料
  • 大学生・一般 500円(400円)
  • 小・中・高校生 400円(300円) ( )内は団体20名以上の場合の料金

所蔵品[編集]

  • 『美人絵づくし』 版本
  • 『築山図庭尽』 版本
  • 「秋草美人図」 絹本着色
  • 「行楽美人図」 絹本着色 以上、菱川師宣

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度7分41.5秒 東経139度50分11秒 / 北緯35.128194度 東経139.83639度 / 35.128194; 139.83639