クアテロン礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
華陽礁から転送)
移動: 案内検索
クアテロン礁
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

クアテロン礁(クアテロンしょう、英語:Cuarteron Reef、ベトナム語:Châu Viên、中国語: 華陽礁)は、南沙諸島にある暗礁である。

中華人民共和国実効支配し、中国人民解放軍海軍南海艦隊が駐留しているが、中華民国台湾)、ベトナム及びフィリピンも主権を主張している[1]

かつてベトナムがこの礁を領有していたが、1987年5月には中国の国家海洋局南沙考察隊が領有を主張するための主権碑を建設[2]1988年スプラトリー諸島海戦(赤瓜礁海戦)では、中国人民解放軍がベトナム軍を攻撃し、クアテロン礁を含む6つの暗礁を奪った[3]

2014年には、中国がこの岩礁の埋め立てを開始していることがフィリピン軍によって確認されている[4][5]

脚注[編集]

座標: 北緯8度53分00秒 東経112度51分05秒 / 北緯8.88333度 東経112.85139度 / 8.88333; 112.85139