華夏族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

華夏族(かかぞく)は、の時代以前に中原黄河流域に暮らす部族で、漢民族を構成する主体でもある。

漢民族はその昔、漢民族とは称されておらず、華夏族と称されていた。学者によると、王朝(紀元前1066年 - 256年)の創立者である周武王が商王朝(紀元前16世紀 - 紀元前1066年)の末代の商帝辛を討ち取った後中原に定住し、その一族を「華族」と称した。また王朝(紀元前21世紀 - 紀元前16世紀)の創立者の大禹の末裔が「夏族」と称されていたことから、中原に居住していた族群を「華夏族」と称するようになったと言われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]