菊池純礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
菊池純礼
[[File:12-01-19-yog-021.jpg|260px|菊池純礼]]
2012ユースオリンピック(インスブルック)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
所属 トヨタ自動車
誕生日 (1996-01-15) 1996年1月15日(22歳)
出身地 長野県南佐久郡南相木村
身長 160cm
体重 54kg
自己ベスト 下記(自己記録)参照
公式サイト https://twitter.com/sumisatsu0115

菊池純礼(きくちすみれ、女性、1996年1月15日 - )は、日本のスピードスケートとショートトラックの選手。トヨタ自動車所属で、日本スケート連盟のナショナル強化選手(A指定)。

来歴[編集]

長野県南佐久郡南相木村出身。主にショートトラックでの出場が多いが、菊池は「楽しいから」とスピードスケート競技もこなす[1]

南佐久郡小海町北相木村南相木村中学校組合立小海中学校在学中は、全国中学校スケート大会1000mで優勝し頭角を現した。2012年にインスブルックで行われた冬季ユースオリンピックでは、スピードスケート・ショートトラックで3個の銅メダルを獲得した。

長野県小海高等学校入学以降、2013年1月のインターハイショートトラック1000mで2位入賞。同年9月の全日本距離別ショートトラック選手権女子1000mで高校生として初めての優勝を遂げ[2]、ワールドカップ代表に選出された[3]。2014年春にトヨタ自動車スケート部へ入部[4]

2018年平昌オリンピックは、次姉の菊池彩花や三姉の菊池悠希と共に代表に選ばれる。全4種目に出場するが、個人種目では1500mの11位が最高でリレーでは6位の結果だった。

人物・エピソード[編集]

5人姉妹の末妹で、次姉はソチオリンピック平昌オリンピックスピードスケート代表の菊池彩花、三姉は平昌オリンピックショートトラック代表の菊池悠希、四姉はソチオリンピックショートトラック代表の菊池萌水で4人がオリンピック代表となり、彩花は平昌オリンピックでチームパシュートのメンバーとして金メダルを獲得している。

実母からは「姉妹の中で自分の居場所を見つけ、視点が鋭い」と語られている[1]

父親の菊池毅彦は、南相木村の前村長だった。

自己記録[編集]

種目 結果 日付 場所
1,000 m 1:21.52
1,500 m 2:03.37

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞 2013年11月9日東京夕刊4版 9面
  2. ^ 朝日新聞デジタル. “女子1000、菊池初V ショートトラック全日本距離別”. 2013年11月9日閲覧。
  3. ^ 日本スケート連盟. “ショートトラック 国際競技会派遣選手団”. 2013年11月9日閲覧。
  4. ^ Sponichi Annex. “ショートW杯代表の菊池純礼が来春トヨタ自動車に加入”. 2013年11月9日閲覧。

参考[編集]