菊池武一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菊池 武一(きくち たけかず、1896年3月28日 - 1972年4月24日)は、英文学者、翻訳家。高松市出身。

第一高等学校を経て、1921年東京帝国大学文学部英文科卒業。國學院大學教授を務め、戦後になって古代文学、歴史研究に重きを置く方向付けに尽力する。[1]。また代々木ゼミナールの校長を務めた[2]。フランス文学者で明治大学教授を務めた菊池映二(1929-2002)は子[3]

日本の文芸、特に室町時代謡曲文学、仕舞に造詣が深く、笛もよくした。『アイヴァンホー』の翻訳は、上巻刊行後の1965年に入院し、退院後も執筆を続け下巻の原稿を残して没し、菊池が國學院に迎えた高見穎治が校訂して出版された。

著書[編集]

  • 『西洋文学史』イデア書院 1928
  • ディ・クィンシー』研究社英米文学評伝叢書 研究社出版 1934

翻訳[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『アイヴァンホー』岩波文庫 1974年(高見穎治「解説」)
  2. ^ 丸谷才一『低空飛行』新潮文庫、143-150頁。
  3. ^ 松山亮次郎「予科 思いだすことども」
  4. ^ 丸谷才一『低空飛行』新潮文庫、145頁。