菊池央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊池 央(きくち おう、弘化4年(1847年) - 慶応4年閏4月25日1868年6月15日))は、新選組隊士。名は央五郎、名の読みは「たのむ」とも。

陸奥国弘前藩士の三男として生まれる。慶応3年(1867年)に新選組に入隊し、戊辰戦争では鳥羽・伏見の戦い甲州勝沼の戦いに敗退後、流山を経て会津へ向かう。

白河口の戦いでは、新政府軍大将を討つ手柄をあげたが、同戦いにて戦死。享年22。