菊幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊 幸一(きく こういち、1957年 - )は日本体育学者筑波大学教授。専門分野は体育社会学、スポーツ社会学。

経歴[編集]

富山県生まれ。1987年、筑波大学大学院博士課程体育科学研究科単位取得退学。九州大学健康科学センターの講師、奈良女子大学文学部助教授を経て、現在は筑波大学体育科学系教授[1]

主な著作[編集]

  • 『よくわかるスポーツ文化論』ミネルヴァ書房、2017年
  • 『新版・教養としての体育原理』大修館書店、2016年
  • 『現代スポーツのパースペクティブ』大修館書店、2006年
  • 『スポーツファンの社会学』世界思想社、1997年
  • 『高校野球の社会学』世界思想社、1994年
  • 『スポーツ社会学への招待』不昧堂出版、1990年
  • 『スポーツ技術の社会学』不昧堂出版、1984年

脚注[編集]

  1. ^ http://researchmap.jp/read0015328/