菊岡拓朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菊岡 拓朗 Football pictogram.svg
名前
愛称 タクロウ、キク
カタカナ キクオカ タクロウ
ラテン文字 KIKUOKA Takuro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-06-30) 1985年6月30日(31歳)
出身地 静岡県富士市
身長 163cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 SC相模原
ポジション MF
背番号 28
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2009 水戸ホーリーホック 68 (6)
2010-2011 東京ヴェルディ 69 (11)
2012-2013 栃木SC 74 (9)
2014-2015 コンサドーレ札幌 30 (0)
2016- SC相模原
1. 国内リーグ戦に限る。2015年12月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

菊岡 拓朗(きくおか たくろう、1985年6月30日 - )は、日本サッカー選手JリーグSC相模原所属。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

静岡県立清水東高等学校時代からファンタジスタとして知られており[2]、強豪校がひしめく地域にあって全国大会とは無縁だったものの、3年生時には第82回全国高等学校サッカー選手権大会静岡県予選大会で準優勝を果たしている。高校在学中からJクラブの練習にも参加していたが[3]、自身は大学進学を決めており[3]、卒業後は法政大学に進学した。

法政大学サッカー部に入部後は早くからレギュラーを獲得し、3年生時には天皇杯に主力として出場し3回戦に進出。4年生時には関東大学1部リーグでアシスト数第2位を記録し[4]インカレでは準優勝の原動力となった。これを評価した水戸ホーリーホックにスカウトされ、2008年1月8日に同クラブから菊岡の獲得が発表された[5][6]

水戸ホーリーホック[編集]

背番号は8を与えられ、新人ながら開幕スタメンを飾ると、これ以後も右サイドを主戦場にレギュラーに定着。5月10日のJ2第13節山形戦でプロ初ゴールを直接フリーキックで挙げた[7]7月に負った怪我の影響で8月下旬まで戦列を離れたが[8]、復帰後徐々に調子を取り戻すと、9月23日のJ2第37節徳島戦では豪快なミドルシュートを決めた[9]。一方、チームの成績はシーズン序盤から振るわず下位に低迷し、自身のゴールもこの2得点に留まった。

2009年の水戸のホームゲームの選手コールでは「サイドを舞う水戸の牛若丸」というキャッチフレーズで紹介され[10]、リーグ戦ではそのフレーズに相応しい活躍を見せ、チャンスメーカーとして水戸の中盤には欠かせない選手となる[11]3月22日のJ2第3節福岡戦で前年同様にシーズン最初のゴールを直接フリーキックで挙げる[12]などし、リーグ戦序盤から攻撃の起点として水戸の上位躍進を牽引していたが、5月5日のJ2第13節甲府戦で負傷し戦線離脱[13][14][15]。復帰後の7月には2ゴールを挙げ、チームの成績も無敗と好調を維持するも、9月に入ると一転して1勝も挙げられず8連敗を喫するなど苦しい戦いを強いられた。シーズンオフには、自身が大学時代に師事を受け、2010年より東京ヴェルディの新監督に就任する事が決まった川勝良一より誘いを受け移籍を決意[3][11]12月22日に両クラブから菊岡の完全移籍が発表された[16][17]

東京ヴェルディ1969[編集]

2010年、背番号は前年退団したレアンドロが背負っていた10を与えられた。水戸時代と同じく右サイドを主戦場としたが、この年からボランチにも挑戦し[18] 、リーグ戦序盤は柴崎晃誠とダブルボランチを組み、すぐにその期待に応える働きを見せた[19]。しかし、チームの成績には結びつかずシーズン初勝利は4月18日J2第7節岐阜戦まで持越し、そうして迎えた4月29日J2第9節の前年まで所属した水戸との戦いでは、前半17分に平本一樹のゴールをアシストし[20]、後半5分には自身も移籍後初ゴールを挙げ4-0の勝利に大きく貢献した。この勝利を皮切りにチームの成績も向上し、8月8日J2第21節戦では、開幕から19試合無敗を続けていた首位を相手に、コーナーキックから富澤清太郎の決勝点をアシストし勝利に導くなど[21]、東京Vの中盤に欠かせない選手として攻撃を牽引し、チームはリーグ終盤まで上位争いを演じ、2回目の古巣との対戦となった12月4日のJ2最終節水戸戦では再びゴールを挙げ勝利に貢献した。

2011年も引き続き主力選手としてリーグ開幕戦から先発起用され続け、左右両サイド、ボランチと戦況に応じて複数のポジションを努めたが、前年同様チームは勝てず6月まで下位に低迷した。シーズン初ゴールを6月25日J2第18節岡山戦の前半6分に直接コーナーキックで挙げると[22]、続く6月29日J2第2節の水戸戦では古巣戦3試合連続ゴールとなる逆転勝利弾を挙げた[23][24]7月9日のJ2第20節岐阜戦では移籍後初の直接フリーキックでゴールを挙げ勝利に貢献した[25]9月18日J2第28節横浜FC戦では自身初となる1試合2ゴールを挙げるなど[26]、以降も得点を挙げ続け最終的にキャリアハイとなる年間9得点を挙げる活躍を見せ、このうちセットプレーで直接蹴り込んで挙げたゴールは4得点にも上った。シーズンオフの2012年1月9日栃木SCに完全移籍する事が双方のクラブから発表された[27][28]

栃木SC[編集]

1月15日に栃木SCが開催した2012シーズンのニューインプレッションで菊岡は「自分はJ1昇格するために栃木に来ました」とコメント[29]、J2屈指のパサーとして期待されたが[30]開幕前に負った怪我の影響が長引き開幕戦からの3試合を欠場しチームは連敗を喫した。3月20日のJ2第4節富山戦で復帰すると[31]以降は左サイドを主戦場に最終節までの全試合に出場し続けた。4月にはコンディションを取戻し、一時はアシスト数でリーグトップに躍り出るなど[32]栃木の中盤の核として攻撃を牽引し、4月27日J2第10節山形戦でミドルシュートを決め[33]、栃木に移籍後の初得点を挙げると、5月13日J2第14節草津戦では、前年に続き直接コーナーキックでゴールを挙げ[34]5月20日J2第15節湘南戦、6月17日J2第20節横浜FC戦、7月29日J2第26節水戸戦では直接フリーキックでゴールを挙げるなど[35][36][37]、多くの得点機に絡み自らも得点を量産した。しかし、8月以降は1つもゴールを挙げられなくなり、それを象徴するかのようにチームの成績はリーグ終盤にかけて失速した。

2013年クリスティアーノ、Jリーグでも実績を持つ三都主アレサンドロ近藤祐介らが即戦力として加入し、ポジション争いは激化するも依然として左サイドを主戦場に栃木の攻撃の核としてチームを牽引した。4月21日J2第10節岐阜戦でシーズン初得点を直接フリーキックで挙げ[38]、このゴールはJリーグのノミネートゴールに選ばれた[39]8月に入るとサブメンバーに回る事も多くなったが、出場した試合では決定的な働きを見せ、9月7日天皇杯2回戦の福岡戦では2ゴールを挙げる活躍で勝利に貢献、9月22日のJ2第34節群馬戦では途中出場を果たすと決勝ゴールを挙げるなどした。一方、私生活では10月17日に入籍を果たすが[40]、クラブの財政問題が表面化し菊岡自身も募金活動に参加するなど[41]チームの存続が危ぶまれる事態となり、シーズンオフには獲得オファーのあったコンサドーレ札幌への移籍を決意。12月24日、札幌へ完全移籍する事が双方のクラブから発表された[42][43]

2015年をもってコンサドーレ札幌との契約が満了となり、2016年よりJ3のSC相模原に完全移籍[44]

人物[編集]

水戸時代のチームメイトである荒田智之静岡県立清水東高等学校時代の同級生。2年下には内田篤人がいた。また、札幌の運営会社である北海道フットボールクラブ代表取締役社長野々村芳和は同校出身の先輩に当たる。法大時代の同級生には本田拓也稲葉久人向慎一土岐田洸平市川雅彦、2年上には谷田悠介田森大己、1年上には井上平(年齢は2歳上)、吉田正樹、1年下には山本孝平福田俊介江崎一仁辻正男、2年下には阿部拓馬永露大輔らがおり、このうち、山本とは水戸時代に、向、市川、井上、吉田、阿部とは東京V時代にチームメイトになった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2006 法大 11 - - - 2 0 2 0
2008 水戸 8 J2 28 2 - 1 0 29 2
2009 40 4 - 1 0 41 4
2010 東京V 10 34 3 - 0 0 34 3
2011 35 8 - 1 1 36 9
2012 栃木 28 39 7 - 1 0 40 7
2013 35 2 - 2 2 37 4
2014 札幌 22 0 - 2 0 24 0
2015 8 0 - 0 0 8 0
2016 相模原 J3 -
通算 日本 J2 241 26 - 8 3 249 29
日本 J3 -
日本 - - 2 0 2 0
総通算 241 26 - 10 3 251 29

脚注[編集]

  1. ^ サッカーダイジェスト責任編集 『2016 J1&J2&J3選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社2016年、257頁。ISBN 978-4-905411-33-8
  2. ^ 【第86回天皇杯:柏 vs 法政大レポート】強風に泣かされ気合も空回りした柏だったが、法政大にプロの意地を見せて3-0!4回戦進出を決めた。 J's GOAL (06.10.08)
  3. ^ a b c スペシャルインタビュー03 MF10菊岡拓朗 a-ticket(エーチケット)
  4. ^ ☆大学サッカー屈指のテクニシャン☆菊岡拓朗”. スポーツ法政. 2013年4月30日閲覧。
  5. ^ 菊岡拓郎選手加入内定のお知らせ J's GOAL オフィシャルニュース
  6. ^ J2水戸に法大MF菊岡が新加入”. nikkansports.com. 2013年4月30日閲覧。
  7. ^ 【J2:第13節 山形 vs 水戸】レポート:「ホームの戦い」で臨んだ山形が7試合ぶりの複数得点勝利!またも複数失点した水戸は窮地脱却の糸口が見つからない4連敗。 J's GOAL (08.05.10)
  8. ^ 【J2:第33節 水戸 vs 広島】プレビュー:アグレッシブを取り戻せ! 首位・広島との一戦、水戸はプロとしての威信をかけて挑む。 J's GOAL (08.08.30)
  9. ^ 【J2:第37節 水戸 vs 徳島】レポート:相手のミスを突いて勝利した水戸。しかし、観衆を魅了したのは徳島。17試合勝利ぶりの勝利は逃したが、大きな可能性を感じさせた。夜明けは近い。 J's GOAL (08.09.23)
  10. ^ 第1回 水戸メディア会議実施報告 水戸ホーリーホック×水戸担当メディア連動企画「プロが選ぶ!水戸ホーリーホック全選手の入場コール」 選考会及び決定のお知らせ J's GOAL (09.03.12)
  11. ^ a b 【2010シーズン始動!ニューカマー・レコメンド】水戸史上最も“うまかった”選手。恩師のもとでさらに輝く:菊岡拓朗(水戸→東京V) J's GOAL (10.02.09)
  12. ^ 【J2:第3節 福岡 vs 水戸】レポート:水戸を圧倒するも、我慢に欠いた福岡。水戸のセットプレー2発に沈む J's GOAL (09.03.22)
  13. ^ 【J2:第21節 東京V vs 水戸】レポート:それぞれ後半途中から投入された選手が持ち味を発揮。流れが変化する中、課題も収穫も見えた0-0ドロー。 J's GOAL (09.06.15)
  14. ^ 【J2日記】水戸:北関東ダービー直前対談「水戸と草津が火花を散らす!」 J's GOAL (09.06.16)
  15. ^ 【J2:第22節 水戸 vs 草津】水戸側プレビュー:不調から抜け出した北関東首位の水戸。北関東最下位“格下”草津をしっかり叩いて、再び上位戦線に殴り込みをかけたい。 J's GOAL (09.06.21)
  16. ^ 菊岡 拓朗選手 東京ヴェルディへ完全移籍決定のお知らせ”. J's GOAL. 2013年4月30日閲覧。
  17. ^ 菊岡拓朗選手移籍加入のお知らせ J's GOAL (09.12.22)
  18. ^ 【開幕直前!37クラブ別戦力分析レポート:東京V】これぞ新ヴェルディ流!徹底的なパスへのこだわりとチームワークで新たな歴史を作る J's GOAL (10.03.01)
  19. ^ 【J2:第2節 東京V vs 熊本】レポート:悔しい敗戦も、今季東京Vが目指すサッカーの「顔」はしっかり見えた。熊本は粘り強い戦いで成長ぶりをアピール J's GOAL (10.03.15)
  20. ^ 【J2:第9節 水戸 vs 東京V】レポート:パスサッカーを貫いた東京V、4ゴールで圧勝!なすすべなく敗れた水戸は、大きな決断の時を迎えている。 J's GOAL (10.04.30)
  21. ^ 【J2日記】東京V:“柏に勝った”東京ヴェルディを見て!!!! J's GOAL (10.08.09)
  22. ^ 【J2:第18節 東京V vs 岡山】レポート:価値ある4ゴールで東京Vが快勝。オランダへ旅立つ高木善朗を最高の形で送り出した。岡山は突破口見出せず苦しい連敗。 J's GOAL (11.06.26)
  23. ^ 【J2:第2節 東京V vs 水戸】プレビュー:破壊力増した東京Vと運動量豊富な水戸。アグレッシブな走力戦を制すのは? J's GOAL (11.06.28)
  24. ^ 【J2:第2節 東京V vs 水戸】レポート:水戸キラー菊岡の一撃で東京Vが見事な逆転勝利で3連勝。水戸はせっかくの2点を生かしきれず、悔しすぎる敗戦に J's GOAL (11.06.30)
  25. ^ 【J2:第20節 東京V vs 岐阜】レポート:お待たせしました『マラニョン弾』!!助っ人の一発で東京Vの勢いはさらに加速の予感。岐阜は前節の逆転勝利の勢いをつなげられず。 J's GOAL (11.07.10)
  26. ^ 【J2:第28節 東京V vs 横浜FC】レポート:先制した東京Vは強い!今季最多7点の大爆発で、前節の決定力不足解消。策なく大敗の横浜FCは手痛い2連敗。 J's GOAL (11.09.19)
  27. ^ http://www.verdy.co.jp/lancelot/.../dad83bf804c2af75989f112eae4a2694 菊岡拓朗選手 移籍のお知らせ] 東京ヴェルディ公式サイト 2012年1月9日ニュースリリース
  28. ^ 菊岡拓朗選手 完全移籍加入のお知らせ”. 栃木サッカークラブ公式サイト. 2013年4月30日閲覧。
  29. ^ 【2012シーズン始動!】栃木:栃木SCニューインプレッション J's GOAL (12.01.15)
  30. ^ 【開幕直前!40クラブ別戦力分析レポート:栃木】今季のテーマは「自立」。戦術の枠を超えた個性を発揮した時、キャンパスには昇格の2文字が描かれる J's GOAL (12.02.24)
  31. ^ 【J2:第4節 栃木 vs 富山】レポート:バランス感覚の難しさを痛感した栃木と富山。連勝を逃した栃木だが、菊岡の復帰は朗報。 J's GOAL (12.03.21)
  32. ^ 【J2:第9節 栃木 vs 岐阜】プレビュー:侮れない岐阜を相手に、自分達の武器を使いながら栃木は4連勝に挑む。闘将パウリーニョの使い方にも注目。 J's GOAL (12.04.22)
  33. ^ 【J2:第10節 山形 vs 栃木】レポート:接戦を勝ち取った山形が4連勝で2位をキープ! リスタートが明暗を分け、栃木は8試合ぶりの敗戦。 J's GOAL (12.04.28)
  34. ^ 【J2:第14節 草津 vs 栃木】レポート:草津、悪夢の6連敗で18位へ転落。栃木はセットプレーから2点を奪い暫定12位へ浮上。 J's GOAL (12.05.14)
  35. ^ 【J2:第15節 栃木 vs 湘南】レポート:一瞬の隙が招いた失点。栃木は2位・湘南に下剋上ならず。好ゲームはドロー決着。 J's GOAL (12.05.21)
  36. ^ 【J2:第20節 栃木 vs 横浜FC】レポート:乱打戦を制したのは横浜FC。寄り切られた栃木は4失点で4戦未勝利。 J's GOAL (12.06.18)
  37. ^ http://www.jsgoal.jp/news/_prog/view.php?press_code=00141403&search%5Bkeyword%5D=%8Be%89%AA 【J2:第26節 栃木 vs 水戸】レポート:ライバル水戸からホーム初勝利。菊岡のワールドクラスのFKが、栃木の連覇の望みを繋いだ。] J's GOAL (12.07.30)
  38. ^ 【J2:第10節 栃木 vs 岐阜】レポート:波乱は起こらず。順位通りの順当な結果に終わる。理想的な試合運びで栃木は暫定5位に浮上。岐阜は最下位から抜け出せず。 J's GOAL (13.04.22)
  39. ^ J2リーグ戦 第10節 ノミネートゴール決定のお知らせ Jリーグ (13.04.21)
  40. ^ 菊岡拓朗選手 入籍のお知らせ 栃木SC公式サイト(13.10.24)
  41. ^ 『栃木SC支援の会』県下一斉募金活動実施のお知らせ 栃木SC公式サイト(13.10.24)
  42. ^ 栃木SC 菊岡 拓朗 選手 加入決定のお知らせ コンサドーレ札幌公式サイト 2013年12月24日ニュースリリース
  43. ^ 菊岡拓朗選手 コンサドーレ札幌移籍のお知らせ 栃木SC公式サイト 2013年12月24日ニュースリリース
  44. ^ 菊岡拓朗選手 SC相模原へ完全移籍のお知らせ - 2016年1月15日 コンサドーレ札幌公式サイト

関連項目[編集]