菊地栄樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菊地 栄樹(きくち ひでき、1986年1月27日 - )は、広島県府中市出身の男性アーチェリー選手[1]エディオンアーチェリー部所属[2]

経歴[編集]

府中市立府中中学校から広島市立広島工業高等学校に進学、3年次にはインターハイの個人で優勝した[1]。高校卒業後は近畿大学に進学した。

2009年のアーチェリー世界選手権では団体で銅メダルを獲得している[3]

2012年のオリンピックではランキングラウンドで720点満点中659点で44位となった[4]古川高晴石津優と男子団体に出場、1回戦では格上のインド選手団を214-214からシュートオフで破ったが[5]、準々決勝でアメリカ合衆国に1点差で敗れた[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【スポーツ賞】さらなる夢に挑戦”. 中国新聞. 2012年7月29日閲覧。
  2. ^ 社会貢献活動 エディオンアーチェリー部 - エディオン
  3. ^ アーチェリー世界選手権 男子団体で銅メダル獲得!”. 広報ふちゅう (2009年11月1日). 2012年7月29日閲覧。
  4. ^ 古川5位、蟹江は6位 アーチェリー・ランキングラウンド”. 日本経済新聞 (2012年7月28日). 2012年7月29日閲覧。
  5. ^ 男子団体の日本は4強逃す アーチェリー・28日”. 日本オリンピック委員会 (2012年7月29日). 2012年7月29日閲覧。
  6. ^ 男子団体8強止まり 1点差で米国に惜敗”. スポーツニッポン (2012年7月29日). 2012年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]