菊元百貨店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊元百貨店跡地の現在
当時のマッチ
現在の入り口

菊元百貨店(きくもとひゃっかてん)は1932年11月28日に山口県岩国市出身の重田栄治中国語版台北市栄町(現在の中正区衡陽路と博愛路交差点、国泰世華銀行台北分行)に開業した台湾最初の百貨店である。 重田栄治は26歳の時に台湾に渡り綿布卸売りを始めた。日本国内では三越髙島屋などの百貨店の台湾進出計画を知り、自らが百貨店業務の先駆者になるべく台北市栄町に7階建ての店舗を建築し[1]「菊元百貨店」と命名した。菊元百貨店は株式会社菊元商行と密接な関係があり、菊元卸売部、菊元販売店、菊元高雄支店が投資を行なっていた。百貨店は屋上に展望台を設置、5階にはレストラン「菊元」をオープンさせ、また台湾では珍しかったエレベーター(当時は「流籠」と称した)を設置し、台湾初のエレベーターガールを配したサービスは耳目を集め、集客力の一端を占めた。

台湾近代化のモデルケースではあるが、当時の社会環境の下百貨店を利用する顧客は日本人または一部の裕福な台湾人に限定されていた[2]。台湾では同時期に、林方ーが「ハヤシ百貨店」を、吉井長平中国語版が「吉井百貨店中国語版」を開店している[1]

重田栄治は、天母教の中治稔郎とともに、現在台北の高級住宅地として知られる天母の開発に当たった。

1945年の終戦により、中国国民党政府に接収され,その後は「台灣中華國貨公司」、1968年からは「南洋百貨公司」、1977年からは「洋洋百貨公司」と経営が二転三転したものの1979年に「洋洋百貨公司」が破綻して経営者が国外に逃亡し、これにより日本統治時代以来の百貨店としての歴史に幕を下ろした。

現在では世華聯合商業銀行台北支店が入居し、躯体は当時のままとされるが、内外装ともに大幅な改装工事がなされており、往時の面影はない。

長年国定古跡登録の運動が繰り広げられていたが[3]2017年台北市政府文化局により1段階格下げの指定歴史建築中国語版に登録された[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 戦前・戦中期における百貨庖の海外進出とその要因川端基夫、龍谷大学
  2. ^ 日本統治時代台湾における日本人エリートの海外経験について”. 関西大学. 2019年11月21日閲覧。
  3. ^ 日本時代の「菊元百貨店」、台北市の文化資産調査対象に/台湾2014年8月4日,フォーカス台湾
  4. ^ (繁体字中国語)〈台北都會〉菊元百貨登錄歷史建築 非古蹟2017年3月22日,自由時報

外部リンク[編集]