今出川晴季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
菊亭晴季から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
今出川晴季 / 菊亭晴季
Harusue Imadegawa (Kikutei) cropped.jpg
今出川晴季像(栗原信充画、国立国会図書館収蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文8年(1539年
死没 元和3年3月28日1617年5月3日
改名 実維 → 晴季
別名 菊亭晴季
戒名 景光院月叟常空
墓所 京都府京都市上京区南上善寺町の上善寺
官位 従一位右大臣
主君 正親町天皇後陽成天皇
氏族 菊亭家(今出川家)
父母 父:今出川公彦
兄弟 晴季空慶
季持日桓長円一の台
テンプレートを表示

今出川 晴季(いまでがわ はるすえ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての公卿菊亭 晴季(きくてい はるすえ)としても知られる。

生涯[編集]

天文8年(1539年)、左大臣今出川公彦の子として生まれる。初名は実維

天文14年(1545年)、元服し、将軍・足利義晴からの偏諱を受けて晴季と改名する。

天文17年(1548年)、従三位に叙せられ、公卿に列する。

永禄3年(1560年)、子の武田信玄甲斐国を追放され駿河国を行き来していた武田信虎の末女を娶った。天正7年(1579年内大臣、天正13年(1585年)には従一位・右大臣にまで昇る。

織田信長亡き後、天下人となった羽柴秀吉は、はじめ征夷大将軍の官職を得ようとして足利義昭猶子となる工作をしたものの[1]義昭の拒否に遭い、将軍職を諦めていた。そこで秀吉に関白任官を持ちかけて朝廷との調整役を務めたのが晴季で、これにより晴季は豊臣政権と密接な関係を築いて朝廷内で重きをなした。

しかし、関白・豊臣秀次に娘の一の台を嫁がせていたため、文禄4年(1595年)8月に秀次が謀反の疑いをかけられて高野山で自害を命じられ、一の台をはじめとする秀次の一族妻妾が処刑されると、晴季もこれに連座して越後国流罪となった。

慶長元年(1596年)、赦されて帰京し、秀吉の死後慶長3年12月(1599年1月)には右大臣に還補、慶長8年(1603年)正月に辞すまでその職に在った。

元和3年(1617年)3月28日、死去。享年79。

系譜[編集]

出典・補注[編集]

  1. ^ 秀吉が義昭の猶子になろうとしたという説を否定する見方もある。
  2. ^ 『旧柳川藩志』第十八章・人物・第十六節 柳川偉人小伝(六)P.954によると、実は足利義昭の子、近江矢島氏を継ぐ。妻は菊亭晴季の女・一の台の姉。子に矢島重成、八千子(立花宗茂継室)
  3. ^ 『系図纂要』では教行寺佐栄室とする。
  4. ^ 『系図纂要』。