菅源太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かん げんたろう
菅 源太郎
生誕 (1972-10-30) 1972年10月30日(44歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都精華大学人文学部卒業
職業 衆議院議員秘書(1998-1999)、第一総合研究所研究員(2010-)、NPO法人Rights代表理事
公式サイト 菅源太郎オフィシャルサイト

菅 源太郎(かん げんたろう、1972年10月30日 - )は日本の社会運動家政治運動家、第一総合研究所研究員

父親は民進党衆議院議員で第94代内閣総理大臣菅直人。母親はエッセイスト菅伸子

人物[編集]

東京都生まれ。本籍地は岡山県御津郡建部町(現:岡山市北区)。弟が一人いる。

武蔵野市立第六中学校に入学し生徒会長を務めるが、生徒総会での<不信任>をきっかけに、学校に通う動機付けが無くなり中3で不登校になるも1988年に卒業。佼成学園高等学校に進学したが、翌年5月に中退する。後に大学入学資格検定に合格した。

1990年5月、「子どもの権利条約の批准を求める10代の会」を結成し市民活動を開始する。

1991年1月3日、福岡県内で開催された人権集会「子どものティーチ・イン」でディスカッションの司会を務め、参加していた外山恒一と論争した[1]

1998年から1999年まで肥田美代子衆議院議員の秘書を務める。2000年5月には選挙権年齢の引き下げを通じた若者の政治参加を目指して「Rights」を結成(2001年9月に特定非営利活動法人化)。

2003年第43回衆議院議員総選挙2005年第44回衆議院議員総選挙に民主党公認で居住経験のなかった[2]岡山1区から立候補したが、いずれも自由民主党逢沢一郎に破れ落選した。このとき父・直人は「私が政治家なので、一般的には2代目とみられるのは避けられないが(中略)、私が選挙区を譲ったとかではない」と世襲には当たらないという見解を示し、[3]また「政治家として優れた人間がたまたま息子だった」とコメントを続けている。

2009年第45回衆議院議員総選挙には立候補できず、岡山1区からは比例で復活当選した高井崇志が立候補した。なお、この選挙に向けての『衆議院全300小選挙区データブック 2009年夏版』の編著者となった。

2006年には京都精華大学人文学部に入学、2010年3月に卒業した。また、卒業を前に結婚式、新婚旅行、結婚披露宴を行った。

2010年4月、元岡山県議で民主党の関連団体に所属していた橘民義[4]が代表を務める[5][6]株式会社第一総合研究所に研究員として就職。

脚注[編集]

  1. ^ 1991年3月発売別冊宝島129「ザ・中学教師 子どもが変だ! 」中の外山の寄稿文「子ども自身による反「管理教育」運動なるものは、ほとんどゲロゲロである」より
  2. ^ 「うねり起こせなかった」 菅源太郎氏、敗北が決定 -47News 2003/11/09 13:33
  3. ^ 「世襲ではない」と菅氏 長男出馬で認識 -47News 2003/06/24 11:31
  4. ^ 橘が主宰する自然エネルギー研究会は直人が顧問を務め(「自然エネルギー研究会(リニューアボー)」)、2012年に橘と直人の対談を収録した「菅直人の自然エネルギー論」を出版している。
  5. ^ 会社概要|第一総合研究所
  6. ^ 「橘民義公式サイト」

著書[編集]

  • 『衆議院全300小選挙区データブック 2009年夏版』(東恭弘との編著、第一総合研究所監修)、第一書林、2009年7月、ISBN 978-4-88646-203-9
  • 民主党10年史 (橘 民義 著、第七章に寄稿している)、第一書林、2008年7月、ISBN 978-4886461964

外部リンク[編集]