菅敏幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菅 敏幸
(かん としゆき)
生誕 (1964-02-15) 1964年2月15日(55歳)
日本の旗 日本 北海道
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 有機化学
研究機関 サントリー生物有機科学研究所
東京大学
静岡県立大学
出身校 北海道大学理学部卒業
北海道大学大学院理学研究科
博士後期課程修了
プロジェクト:人物伝

菅 敏幸(かん としゆき、1964年2月15日 - )は、日本有機化学者有機合成化学化学生物学医薬化学)。学位博士(理学)北海道大学1993年)。静岡県立大学薬学部教授大学院薬学研究院教授。

財団法人サントリー生物有機科学研究所研究員東京大学大学院薬学系研究科助教授などを歴任した。

概要[編集]

1964年、北海道生まれ。

函館ラ・サール高等学校を経て、北海道大学理学部化学科卒、同大学院理学研究科に進み博士後期課程を修了し、博士(理学)を取得した。学位論文の題は 「Total Synthesis of(-)-Grayanotoxin((-)-グラヤノトキシンの全合成)」[1]

博士号取得後、財団法人サントリー生物有機科学研究所にて研究活動に従事した。1996年には東京大学に転じ、薬学部教授の福山透の下で助手を務め、天然物の全合成ケミカルバイオロジーに関する研究を行い、のちに薬学系研究科助教授となった。2005年からは静岡県立大学に着任し、薬学部薬学科および大学院薬学研究科製薬学専攻の教授を兼任している。

研究[編集]

研究対象は化学、特に有機合成化学を専門分野としており、生化学などに関連する研究を行っている。プローブ分子の合成による膜蛋白質の機能の研究や、食品に含まれる有効成分の合成を通じた生物有機化学の研究を行っている。ワインなどに含有されるポリフェノールの研究が知られており、グローバルCOEプログラムに採択された静岡県立大学の「健康長寿科学教育研究の戦略的新展開」プロジェクトでは、「緑茶に含まれるポリフェノール類の生物有機化学的研究」と題した研究を通じて参加している[2]。また、必要とあれば、自分の専門分野についての講演を英語でこなす[3]

略歴[編集]

  • 1964年 誕生。
  • 1986年 北海道大学理学部卒業。
  • 1993年 北海道大学大学院理学研究科修了。
  • 1993年 サントリー生物有機科学研究所研究員。
  • 1996年 東京大学薬学部助手。
  • 1997年 天然物談話会世話人。
  • 2004年 東京大学大学院薬学系研究科助教授。
  • 2005年 静岡県立大学薬学部教授。
  • 2005年 静岡県立大学大学院薬学研究科教授。

著作[編集]

寄稿[編集]

  • 菅敏幸稿「保護基」日本薬学会編『化学系薬学2――ターゲット分子の合成と生体分子・医薬品の化学』東京化学同人、2005年。ISBN 978-4807914555

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 「大学院薬学研究科」『拠点構成メンバー:静岡県公立大学法人 グローバルCOEプログラム』静岡県立大学グローバルCOEプログラム事業推進拠点事務局。
  3. ^ 「《茶況》26日から静岡で国際O-CHA会議」『中日新聞:《茶況》 26日から静岡で国際O―CHA会議:静岡(CHUNICHI Web)中日新聞社2010年10月19日

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]