菅原睦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菅原 睦(すがはら むつみ、1963年8月 - )は、日本言語学者。専門はテュルク諸語研究。東京外国語大学総合国際学研究院(言語文化部門・言語研究系)教授博士(文学)

略歴[編集]

福井県吉田郡松岡町(現・永平寺町)出身。本籍・京都市1987年京都大学文学部言語学専攻卒業、1989年京都大学大学院文学研究科言語学専攻修士課程修了、1992年同博士後期課程単位取得退学、2006年3月、「ウイグル文字本『聖者伝』の研究」で京都大学博士(文学)1993年9月、ハジェテペ大学トルコ)社会科学研究所にて在外研究。1995年東京外国語大学助手、1998年講師、2003年助教授、2009年同大学総合国際学研究院准教授(大学院重点化に伴う配置換え)、2017年同教授[1]

翻訳[編集]

  • 『デデ・コルクトの書 アナトリアの英雄物語集』太田かおり共訳. 平凡社東洋文庫 200

外部リンク[編集]

脚注[編集]