菅原栄蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菅原 栄蔵(すがわら えいぞう、1892年明治25年) - 1967年昭和32年))は、日本の建築家東京銀座にある名物ビアホールとして知られる銀座ライオン7丁目店や駒澤大学耕雲館(現在は禅文化歴史博物館)などの作品で知られる。直線を巧みに組み合わせた細部、スクラッチタイルを多用したフランク・ロイド・ライト式の作風で知られる。宮城県仙台の生まれ。

経歴[編集]

仙台市立仙台工業学校(現在の仙台市立仙台工業高等学校)を卒業。仙台周辺で建築現場関係の仕事を経験。1913年大正2年)に上京。一年ほど、三橋四郎建築設計事務所に臨時雇いで製図工として在籍の後、現場見習で曾禰中條建築事務所が手がける東京海上ビルに携わる。1917年(大正6年)に曾禰中條建築事務所に入所、1922年(大正11年)に独立し個人の設計事務所を開設。

代表作品[編集]

  • 山口楼 茨城県水戸市
  • 大日本麦酒の本社社屋 銀座ライオンビヤホール 施工は竹中工務店 竣工は1934年(昭和9年) 1階のアールデコ風の装飾と、奥のモザイクタイルの壁画が特徴的だったが、1978年(昭和53年)に全面改装され、建築当時の面影は搭屋部分や内装。
  • 先代新橋演舞場 竣工は1925年(大正14年)、1979年(昭和54年)解体
  • 駒澤大学旧図書館耕雲館 1925年(大正14年)-1928年(昭和3年) 1923年に倒壊した図書館の代替として 鉄骨鉄筋コンクリート造 東京都選定歴史的建造物
  • 武蔵野女子大学キャンパス計画案 1927年(昭和2年) 実現せず

出典[編集]

  • 菅原定三 『美術建築師・菅原栄蔵』1994 住まいの図書館出版局 ISBN 978-4795208636
  • 監修:藤森照信 TOTO・Calendar2003日本の建築の軌跡 歴史を生きた建築ドローイング4 日本の表現派