菅原昭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菅原 昭子(すがわら しょうこ、1956年1月2日 - )は、秋田県潟上市生まれの歌手

日本テレビオーディション番組スター誕生!」の第44回テレビ予選(1972年7月30日放送)、第4回決戦大会(同年9月17日放送)での合格をきっかけに歌手デビューした。同番組からのデビューは18組目。

テレビ予選は秋田県民会館で行われたが、予選と決戦大会いずれも桜田淳子と一緒に合格。

所属事務所は日活音楽芸能

1973年9月1日ポリドールレコード(現ユニバーサルミュージック)より「十七才の行進曲」でレコード・デビュー。バトンを廻しながら歌った。

東京都立赤羽商業高等学校卒。引退後、帰郷し結婚。

レコード[編集]

  • 「十七才の行進曲/ふるさとの草笛」(1973年)
  • 「別れの行進曲/春のおくりもの」(1974年)
  • 「タローちゃん/お使いは自転車に乗って」(1974年)
  • 「若い新宿/小さな星」(1974年)
  • 「粉雪の駅/夕焼け峠」(1975年)
  • 「心の灯台/湖心中」(1976年)

 アルバム

 「青春のアルバム」(1973年)  十七歳の行進曲  昭子の帰りたい帰れない(オリジナルは加藤登紀子)  お使いは自転車に乗って(轟夕紀子) ふるさとの草笛  しあわせの歌  夕焼け帰りみち  青い山脈(藤山一郎 奈良光枝) 小さな日記(フォー・セインツ) 春のおくりもの  牝鹿物語  学生時代(ペギー葉山)  別れの行進曲