菅原文時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅原文時・『前賢故実』より

菅原 文時(すがわら の ふみとき、昌泰2年(899年)- 天元4年9月8日981年10月8日))は、平安時代中期の文人・政治家。右大臣菅原道真の孫で、大学頭菅原高視の次男。官位従三位式部大輔。菅三品と称される。

経歴[編集]

文章博士から内記右中弁式部大輔などを歴任。十余年の内記の時代に諸国に祭られている神祇名号について訛りや位階の誤りを正すなどの業績がある。弁官に任じられてからは、詔命に従い『叙位略例』と目録の撰纂、『撰国史所』などの仕事に携わる。 954年天暦8年)村上天皇が諸臣に政治に関し意見を求めた際、957年(天徳元年)意見封事三箇条を提出している。981年(天元4年)1月に従三位に叙せられた。同年9月、83歳で薨去。

作品[編集]

袋草紙』には、文時が不出来と考えていた詩文の草案を、門弟の慶滋保胤が逆に絶賛した記事が載せられている。『本朝文粋』のほか『扶桑集』『和漢朗詠集』に作品が残されている。また、歌人として『拾遺和歌集』に1首が入首している[1]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『勅撰作者部類』