菅原千恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

菅原 千恵(すがわら ちえ)は、日本AV監督アダルトビデオプロデューサー実業家。アダルトコンテンツ流通業ソフト・オン・デマンドの元取締役社長、アダルトビデオメーカーSODクリエイトの元社長。

概要[編集]

宮城県仙台市高校卒業して上京。4年間、劇団「青年座」にて芝居に打ち込む[要出典]

その後、女性が進出していない数少ない業種の中からAV業界に飛び込む。1996年アシスタントディレクターとしてのソフト・オン・デマンドに入社。高橋がなりの直弟子として、数多くの作品制作に携わる。1年後に「初めてのkiss」で監督デビュー。大ヒット・シリーズとなった「SOD女子社員シリーズ」では初期に司会として出演。監督業の他にも社長業・プロデューサー業に心血を注ぎ、制作部門を取りまとめた。1999年ハムレット株式会社(現SODクリエイト株式会社)代表取締役に就任。

2007年5月、ソフト・オン・デマンドの取締役社長に就任(代表権は無い)。就任直後AV OPENの自社買収行為が明るみになり、当時のSODクリエイト代表取締役井上一士が謝罪文を公表している(イベント詳細はAV OPENの項目を参照)。就任後は制作部門から離れ、流通・販売会社であるソフト・オン・デマンドの経営に専念。

2013年に井上一士社長と入れ替わる形で17年間勤めたSODから退社した。

脚注[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]