菅原克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菅原 克己(すがわら かつみ、1911年1月22日 - 1988年3月31日)は、日本詩人宮城県に生まれる。日本美術学校中退。室生犀星の影響をうける。日本共産党員の時期もあったが、1961年の第8回党大会前に、党の紀律にそむき、意見書や声明を発表し、除名された。その後は、新日本文学会の中心メンバーのひとりとしての活動を続けながら詩作を続けた。

略歴[編集]

  • 1911年 - 宮城県亘理郡亘理町に生まれる
  • 1917年 - 宮城県立師範学校附属小学校入学
  • 1923年 - 宮城県立師範学校附属小学校卒業
  • 1924年 - 宮城県立第一中学校入学
  • 1927年 - 東京府豊島師範学校入学
  • 1930年 - 師範学校寄宿生のストライキに参加、池袋署で特高に拷問を受け、退学
  • 1931年 - 日本美術学校入学
  • 1933年 - 日本美術学校除籍
  • 1947年 - 日本共産党入党
  • 1962年 - 日本共産党除名

詩集[編集]

  • 手(1951年12月、木馬社)
  • 日の底(1958年12月、飯塚書店)
  • 陽の扉(1966年3月、東京出版センター)
  • 遠くと近くで(1969年7月、東京出版センター)
  • 現代詩文庫49 菅原克己詩集(1972年、思潮社)
  • 叔父さんの魔法(1975年、朔人社)
  • 定本菅原克己詩集(1979年10月、永井出版企画)
  • 夏の話(1981年10月、土曜美術社)
  • 日々の言づけ(1984年8月、編集工房ノア)
  • 一つの机(1988年4月、西田書店)
  • 菅原克己全詩集(2003年7月、西田書店)
  • 陽気な引っ越し―菅原克己のちいさな詩集 (2005年3月、西田書店)

小説・エッセイ集[編集]

  • 遠い城 ある時代と人の思い出のために(1977年6月、創樹社)
  • 詩の鉛筆手帖 詩の好きな若い人たちに(1981年7月、土曜美術社

参考文献[編集]

  • 『文学運動のなかで』(窪田精